Eat,Talk,Date!シングルのFacebookユーザーだけが集う大人のためのソーシャル・デイティング・イベント「Foodie Dating」がスタート

@Press / 2012年10月12日 11時30分

「Foodie Dating」ロゴ
株式会社リミックスコミュニケーションズ(所在地:東京都港区南青山、代表取締役:大場 靖隆・前田 亮)は、Facebookの利用者だけを対象にした大人のための新しいソーシャル・デイティング・サービス、「Foodie Dating」(フーディ・デイティング)を10月12日(金)に公開しました。

URL: http://www.facebook.com/foodiedating


■Facebookユーザーだけをターゲットに、本来的なソーシャル・コマースを実現

日本でもようやくソーシャル・メディアを使った物販やサービス提供が増えてきましたが、単に販売チャネルの一つとしてソーシャル・メディアを利用しているケースも多く、<社会的なつながりの中で消費が促進される>という本来的な意味でのソーシャル・コマースと呼べるものはまだまだ少ないのが現状です。
「Foodie Dating」は、実名と勤務先・出身校などの現実的な社会関係をベースにしているFacebookの特性に着目し、そのユーザーだけを対象に、人と人のリアルな出会いをサポートするソーシャル・デイティング・イベントです。
イベントで結婚を視野に入れた交際ができる人に巡り会えたら、Facebookの友達承認リクエストを使ってメール交換、最終的には結婚へと、気軽に、スマートに進んでいくことができるサービスです。


■「Foodie Dating]サービス提供の背景

“Foodie”(フーディ)は、料理に関心が深い人、食通を意味します。フランスには「食卓は友好関係の仲介者である」という諺がありますが、「Foodie Dating」が提供するのは、食にこだわりを持つ人が集って、“うまいもん”を語りあうデイティング。食を介した人と人のリアルな出会いです。
いまやネット上にはさまざまな「婚活サービス」が乱立していますが、その多くは実際に出会う前に、学歴や収入など「相手のデータ」を探り合うという回り道を経なければなりません。また、気軽に参加できるパーティ形式のお見合いサービスなどもありますが、トークタイム、アプローチタイムなどのように形式化、ゲーム化された若い「ノリ」には、気が引けるという人も多いのではないでしょうか。
「Foodie Dating」は、パートナーを見つけるために最も大切なことは、何よりもリアルに出会って、相手の価値観や人間性の一端に触れることだと考えています。「食事」という場では、まさにそうした人間の基本的な価値観や振る舞いが現れるため、結婚を念頭に置いた出会いのきっかけには最適な場になるはずです。

@Press

トピックスRSS

ランキング