落石捕捉時の変形量が小さい落石防護柵「SPARC(スパーク)フェンス」新発売

@Press / 2012年11月1日 13時0分

SPARC(スパーク)フェンス 設置イメージ
 株式会社プロテックエンジニアリング(本社:新潟県北蒲原郡聖籠町、代表取締役社長:野村 利充)は、落石捕捉時の変形量が小さい落石防護柵「SPARC(スパーク)フェンス」を発売開始しました。

詳細: http://www.proteng.co.jp/sparc/

 SPARC(スパーク)フェンスは、200kJの落石エネルギー(20mの高さから1tの石を落下させた際に生じるエネルギー)に対応することが可能な落石防護柵です。主に斜面上で落石を捕捉する防護柵で、支柱、ワイヤロープ、ワイヤネット、金網、アンカー基礎で構成されており、構造物全体で落石の衝撃を受け止めます。

 緩衝金具(※)を用いない構造となっているため、落石を捕捉した際のワイヤロープやワイヤネット部材の伸びなどの変形量が、従来のエネルギー吸収型の防護柵と比較して格段に小さいという特徴があります。(写真2)。したがって、防護対象物の比較的近くに設置するがことが可能な防護柵となっています。

 これら、対応落石エネルギーと落石捕捉時の部材の変形量は、実物の供試体を用いた衝撃実験(写真1)によって確認しました。実験は、繰り返し発生する落石を想定し、複数回継続的に実施しました。その結果、実験後の柵高は、初期のそれの70%を保持し続けることが確認されました。つまり、繰り返し落石が発生する現場において、初期性能を保持し続けることができる防護柵であると言えます。

 また、積雪を考慮した設計を行っているため、雪崩予防柵と落石防護柵の兼用柵として使用することができます。積雪地帯の落石対策や、落石の恐れがある箇所での雪崩対策などに用いることができます。堆積土砂圧にも対応した構造であるため、切土斜面工事などで斜面中腹の落石や土砂堆積用の仮設防護柵としても使用できる多機能防護柵です。

※緩衝金具
ワイヤロープやワイヤネットに取付けて落石エネルギーを吸収する特殊部材であり、様々なタイプがある。一定の力以上が加わると作動し、緩衝金具とワイヤロープとの間に生じる摩擦でエネルギーを吸収するタイプなどがある。防護柵のエネルギー吸収性能は向上するが、ワイヤロープやワイヤネットの伸び(変形)が大きくなる。

SPARC(スパーク)フェンス 設置イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/30399/10_1.jpg
(写真1)実験の様子
http://www.atpress.ne.jp/releases/30399/9_2.jpg
(写真2)落石捕捉時の変形量 最大2.8m
http://www.atpress.ne.jp/releases/30399/7_3.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング