全国87校147チームが参加!「数学甲子園2012」結果発表 ~ 中・高校生『数児』の頂点は海陽学園海陽中等教育学校Dチーム ~

@Press / 2012年10月3日 10時0分

優勝チーム
財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、平成24年(2012年)9月16日(日)に「数学甲子園2012」(第5回全国数学選手権大会)の本選を東京ベルサール飯田橋ファーストで開催し、熱戦の末に4度目の出場となる海陽学園海陽中等教育学校Dチームが見事に悲願の初優勝を果たしました。

「数学甲子園2012」: http://www.su-gaku.net/events/koshien2012/index.html
本戦結果速報   : http://www.su-gaku.net/events/koshien2012/sokuhou.html


【昨年を上回る応募数で熱気に満ちた会場】
「数学甲子園2012」(第5回全国数学選手権大会)は9月16日(日)に東京で本選が実施されました。今年は予選会場を大幅に増やしたことで参加応募数が過去最高となる全国87校147チーム、昨年度を2倍近く上回る結果となりました。

そんな予選を突破したチームが一堂に集結した本選出場校は、第1回大会より連続での出場となる愛知県立時習館高等学校や三重県立津高等学校などの常連校に混じり、中学生ながら2チーム本選出場を果たした灘中学校など初出場校の12チームを含めた、23校31チームの選手(学生)約200名の若者の熱気に包まれました。

この日行われた本選では準々決勝、準決勝を経て上位6チーム、海陽学園海陽中等教育学校Dチーム(高校3年生/5人)、攻玉社中学校・高等学校数学研究愛好会チーム(高校2年生/4人)、千葉県立長生高等学校Aチーム(高校3年生/3人)、愛知県立明和高等学校Pioneerチーム(高校3年生/5人)、開成高等学校(高校1年生/5人)、渋谷教育学園渋谷中学高等学校Aチーム(高校2年生/5人)が決勝へと挑みました。


【決勝は問題創作とプレゼンテーション 今年のテーマは「隠す」】
決勝はステージ1で制限時間85分の中で今年の課題である「【隠す】/隠す・隠れた・隠されたなどをキーワードに数学の問題を作成しなさい」に沿った問題の創作、続くステージ2では創作した問題とその意図についてプレゼンテーションと質疑応答を行い評価ポイントである創作問題・解答の合理性/問題の独創性/発想の美しさを競います。

ステージ1終了後、最後の戦いであるプレゼンテーションに向け監督を交えて打ち合わせを繰り返すチームや円陣を組んで気合を入れるチームなど過ごし方は様々でした。

@Press

トピックスRSS

ランキング