可視化分析プラットフォーム、「TIBCO Spotfire 4.5」を提供開始~ ビックデータとエクストリーム・インフォメーションの分析にビジュアルなデータ・ディスカバリーのアプローチを ~

@Press / 2012年10月10日 10時0分

TIBCO Spotfire Professional v4.5
日本ティブコソフトウェア株式会社(所在地:東京都新宿区、以下 ティブコ社)は、全世界で展開するアナリティクス・プラットフォーム TIBCO Spotfireの最新日本語版バージョン、TIBCO Spotfire 4.5(以下 「Spotfire 4.5」)の出荷を発表しました。

インメモリー・アナリティックプラットフォームTIBCO Spotfireの最新バージョン「Spotfire 4.5」は、構造化・非構造化のデータの解析に「ディメンション・フリー」なデータ探索のアプローチを提供します。また、強化された予測分析の機能と、Apple iPad上にプライベート・ブランドでSpotfireアナリティック・ソリューションを構築する環境を提供します。「Spotfire 4.5」の活用により、企業組織がすべてのデータを意思決定に存分に活用し、不透明なビジネスの行方をいち早く捉え、広く組織全体にアクショナブル・インサイト(行動に繋がる洞察)を提供できるようになります。


【「Spotfire 4.5」の新機能とビジネス価値】

●ビックデータからアクショナブル・インサイトを:
「Spotfire 4.5」では、インメモリー・アナリティクスのパワーと様々な種類のデータにアクセスして組み合わせるテクノロジーを融合しました。新たにApache Hadoopに接続可能なコネクターをSpotfire Application Data Services(ADS)に搭載し、「ビックデータ」と、salesforce.com、Oracle, SAP等のエンタープライズ・アプリケーションのデータを「マッシュアップ」することができます。


●非構造化コンテンツと構造化データの統合ビューを提供:
Spotfireは、Attivio社のActive Intelligence Engine(TM) (AIE(TM))に最高レベルの情報アクセスを実現しました。Attivio社よりプラチナレベルパートナーの認定を取得、SpotfireはAIE's AI-SQL機能を活用して、データの可視化、非構造化コンテンツの高度な分析、直感的な検索とディスカバリーを、同じダッシュボード・インターフェースから行うことを可能にします。可視化と検索ベースのデータ・ディスカバリーを組み合わせるアプローチで、構造化データ、半構造化データ、そしてメール、文書、ウェブサイト、SNSサイト等の非構造化コンテンツを組み合わせ、エンドユーザーにとって視覚的にも非常に魅力的なユニファイド・インフォメーション・アクセス(UIA)のエクスペリエンスを提供します。

@Press

トピックスRSS

ランキング