ソリトン、不正デバイスの接続を防止する「NetAttest LAP」発売 NetAttest EPSとの連携による「ユーザー認証+デバイス認証」の二段階認証でセキュリティを強化

@Press / 2012年10月3日 17時0分

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、企業ネットワークへの不正なPCやスマートフォンなどの接続を防ぐアプライアンス「NetAttest LAP」V2.0を開発、2012年10月3日より販売開始します。


【概要】
スマートフォンなどの普及により、企業のネットワークに接続するデバイスは多様化、増加の一途をたどっています。どこでもネットワークにつながる環境が整いマルウェアに感染するリスクが高まっていますが、生産性、利便性、コスト削減の観点から、私物のデバイスやモバイルPCを社内ネットワークに接続させる企業が増えています。その結果、接続が認められていない不正なデバイスやマルウェアに感染したデバイスを企業のネットワークに接続して、感染の拡大・情報漏洩につながるケースも少なくありません。
「NetAttest LAP」は、ネットワークを監視して、接続しようとするデバイスのIPアドレスとMACアドレスをチェックすることで、不正デバイスやマルウェア感染の疑いがあるデバイスを検知・ブロックするための小型アプライアンスです。


【NetAttest LAP V2.0の特長】
今回、「NetAttest LAP」V2.0は、ユーザー認証アプライアンスで高いシェアを誇るソリトンの「NetAttest EPS」(以下 EPS)と連携し、ユーザー認証とデバイス認証の二段階認証によって、更に高いセキュリティを実現しました。
本社側に設置したEPSで全社のユーザー情報やデバイス情報を管理し、NetAttest LAPは各フロアや支店・営業所ごとに設置します。NetAttest LAPはネットワークに接続しようとするデバイスを検知するとEPSに通知・照合し、EPSに登録済みのデバイスは正規デバイスとして接続を許可、登録されていない不正デバイスはブロックされます。
ノンインテリジェントスイッチ(いわゆる島HUB)を設置しているような、PCなどのデバイスをネットワークに接続するためのプロトコル規格IEEE802.1Xが利用できない環境では、ID、Passwordによるユーザー認証しかできませんでしたが、NetAttest LAPにより、「ユーザー認証+デバイス認証」の強固な二段階認証を、ネットワーク構成を変更せずに実現できます。

更に今回、ブロックされた不正デバイスから、治療などのために特定IPアドレスへの通信を許可する機能を追加しました。以前から販売している、ForeScout社のエージェントレス検疫・IPSアプライアンスCounterACT連携版のNetAttest LAPも同時にバージョンアップしており、ブロック後のメッセージ表示や治療などを可能にし、不正デバイスのブロックだけではなく、ブロックされた後でも治療サーバへの接続が許可できるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング