石川県庁様、ソフトウェア資産管理(SAM)の構築にMOTEXの「LanScope Cat」を採用 「LanScope Cat」とソフトウェア資産台帳管理システム(SARMS)を連携

@Press / 2012年10月9日 13時0分

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:宮崎 吉朗、以下 MOTEX)の資産管理ツール「LanScope Cat」が、「石川県情報資産管理システム」のインベントリ情報収集ツールとして採用されました。


石川県庁様では、SAMはITガバナンスに必要不可欠な要素と位置付けられています。その位置付けから、石川県庁様は「ソフトウェア資産台帳管理システム(SARMS)」(※1)と、「LanScope Cat」が自動で収集するハードウェア・ソフトウェアのインベントリ情報を連携させ、2011年3月にソフトウェア資産管理の国際規格である「ISO/IEC 19770-1」に準拠したSAMを構築されました。
システムだけでなく規定類まで整備した無理のない運用で、20万本を超えるソフトウェアライセンスを正確に一元管理されています。この取り組みに対しては、著作権の保護団体や、SAMのコンサルティングファーム、SAMユーザの評価も高く、一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)による、SAMのライセンスコンプライアンス対応部分の管理目標(※2)について、国内初となる成熟度レベル3(※3)の判定も受けられました。

「SARMS」はオープンソースソフトウェアとして一般公開され、「SARMS」に関わるユーザ、ベンダーなどで構成されるユーザ会が発足しています(※4)。MOTEXは今後、「SARMS」ユーザ会とより一層協業体制を強め、「LanScope Cat」と「SARMS」を組み合わせたソリューションの提供やきめ細やかなサポートで、お客様のIT資産の活用に貢献していく所存です。

石川県庁様 導入事例:
http://www.motex.co.jp/cat7/casestudy/casestudy001.html


■「SARMS」ユーザ会からのエンドースメント
エムオーテックス株式会社の「LanScope Cat」は、そのインベントリ情報収集ツールとしての性能を、本格的なソフトウェア資産管理(SAM)システムの黎明期において、石川県庁様及び『SARMS』と共に、おびただしい数のトライ&エラーを繰り返しながら磨き上げたツールです。お客様毎に様々な要求があるSAMシステム構築シーンの、インベントリ情報収集ツールの選択肢として、ベストプラクティスであると確信しています。
「SARMS」ユーザ会 事務局長 高田 俊介様(株式会社ラクソル)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング