1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

英語・英会話の学習SNSサイト「myBerry(マイベリー)」、オリジナル英語学習コンテンツ(教材)を提供開始 ~コンテンツコーナー「LearningStreet(ラーニングストリート)」スタート~

@Press / 2012年10月5日 11時0分

英語教材 TOP
株式会社ベリー(本社:東京都港区、代表:槇島 俊幸)は、このたび、英語・英会話学習専用SNS「myBerry(マイベリー)」( http://myberry.jp )のバージョン2.9にて、メンバー向け無料英語学習コンテンツ(教材)コーナー「LearningStreet(ラーニングストリート)」を新規公開しました。


【LearningStreetを開始する経緯】
英語力・英会話力を向上させるためには、英語学習を継続的に行う必要があります。これまで当社は「myBerry」を提供するにあたり、英語学習を継続することの重要性をアピールし、そのために学習内容を記録をすることを推奨してまいりました。今回の新サービスでは、学習記録ブログと連動した英語学習コンテンツ(教材)を提供し、英語学習者の学習内容を記録することの労力を最小限にとどめ、学習がより続けやすくなることを狙いとしております。

当社が提唱する学習プロセスとして、「学習する」⇒「記録する」⇒「振り返る」⇒「学習する」という一連の学習サイクルがあります。「myBerry」上で、自動的に学習を「記録する」教材を提供することによって、学習者は「学習する」ことにフォーカスし、より効率の良い学習を進めることができるようになります。


【LearningStreetの概要】
「LearningStreet」は、「myBerry」が開発したオリジナル教材を提供するために、英語学習SNSサイト「myBerry」上に新設されました。そこで公開される英語学習教材のアプリケーションは「myBerry」のメンバーのみアクセスできます。

「LearningStreet」には、英語学習教材アプリケーションが配置されます。メンバーがアプリケーションを利用して学習すると、英単語・フレーズ学習の支援機能「My Vocabulary」にわずか数クリックで英単語や英語フレーズを登録でき、学習した内容の記録は学習ブログ「EnglishLog」と自動的に連動します。メンバーは専用ページより学習記録を閲覧し、学習管理機能を活用して、効果的な英語学習が可能になります。

まず、最初のアプリケーションとして「Basic Grammar(ベーシックグラマー)」の提供を開始しました。「Basic Grammar」は英語学習に欠かせない基礎的な文法を効率良く学習できるよう、数多くの文法項目の中から前置詞、否定、完了形、など最重要の12項目を抽出した英語教材です。文法学習に楽しみを見い出せない学習者は数多く、得意項目に偏りがちな文法学習ですが、当アプリケーション一つで文法の基礎がカバーできるよう作られています。

今後は、「LearningStreet」上に、リスニングやリーディングの英語学習アプリケーションを順次追加していく予定です。


【「myBerry」の概要】
「myBerry」では“解決する”“学習する”“継続する”をテーマに英語・英会話学習者をサポートするため、英語学習・情報に特化したポータルとSNS機能を統合しワンストップで提供します。より利便性が高く、より充実した学習が可能になります。現在はβ(ベータ)版にて公開しており、無料登録メンバーを募集しています。

<提供コンテンツ>
1.英語学習に関する問題を解決するための知識「About English」
英語・英会話の学習に関連する様々なお役立ち情報。トータルカテゴリ数は300以上。学習方法、英会話スクール、教材、資格などの情報を幅広く取り揃えました。

2.英語学習に関する疑問を他のメンバーに質問できるQ&Aコミュニティ「Q&A」
英語に関する質問をみんなで解決できるQ&Aコミュニティ。メンバーの方からの回答も募集しています。

3.実際にリアルタイムに読まれている記事を教材として紹介「StudyLife」
世界中からコンテンツを厳選しご紹介。英語が上達することに加えて、新たな気づきや知識を得られます。

4.英語学習を効率良く進めるための教材「LearningStreet」
様々な学習教材が集まる場所として新設。学習ブログの様々な機能と連動した英語学習教材をご提供。英文法教材「Basic Grammar」を公開中。

5.学習を継続的に行うためのサポートツールとしてのブログ「EnglishLog」
自身でたてた学習プランや習った単語を見直す機会として、常に記録し振り返ることができます。学習記録フォーム「StudyLog」、自分で作り上げる単語リスト「My Vocabulary」、学習記録のチェック機能「Study Report」がご利用できます。

6.他の学習者とコミュニケーションを図るためのグループ機能「Groups」
他の英語学習者とつながることができる場、「Groups」。オープンな公開グループでディスカッションをしたり、友達とプライベートなグループを作ることも可能です。

「myBerry」は学習者同士の知識や結びつきを通じて英語を学習するというWeb2.0時代の新しい学習サービスとして英語・英会話学習に革新をもたらします。


【会社概要】
社名  :株式会社ベリー  http://myberry.jp
所在地 :東京都港区六本木3-4-36 roppongiΣX 9F
設立  :2012年1月23日
代表者 :槇島 俊幸
事業内容:英語学習専用ポータルSNSサイトの運営/英語学習コンテンツの配信

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「LearningStreet」 英語教材 質問 英語教材 まとめ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング