「Asakusa Framework(TM)」が富士通「Interstage Big Data Parallel Processing Server」及び統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker Operation Manager」と連携 ~「Interstage Big Data Parallel Processing Server」の特徴である高性能・高信頼性を実現する独自の分散ファイルシステムにより基幹バッチ処理を実行する際の性能と信頼性を強化~

@Press / 2012年10月9日 11時0分

株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神林 飛志、以下 ノーチラス・テクノロジーズ)は、Hadoop上で基幹バッチ処理を開発するフレームワークである「Asakusa Framework(TM)」と富士通株式会社(以下 富士通)が開発・販売するデータ統合・活用製品「Interstage Big Data Parallel Processing Server」及び統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker Operation Manager」との連携を実機検証によって、確認したことを発表します。


【発表の概要】
「Big Data」をキーワードに、Hadoopを利用したシステムが急速に普及・拡大しつつありますが、基幹システムのデータ量増加に伴い、データ処理にかかる全ての時間の中で、既存システムとHadoopクラスタのファイルシステム(以下 HDFS)の間でのデータ転送時間の長さが問題になっています。またHadoopのような分散システムの仕組みを基幹システムに適用するにあたって、障害に対する高い信頼性と実績のある運用管理基盤でのJOBの実行・監視・リカバリ対応が要求されます。

富士通が提供する「Interstage Big Data Parallel Processing Server」はApache HadoopをベースとしてHadoopに独自の分散ファイルシステムを統合することで通常のHDFSベースのシステムに対し高い性能・信頼性を実現します。企業の基幹システムで実績のある富士通独自の分散ファイルシステムは、既存システムで使用しているストレージ上に格納されているデータに共有ファイルを介してHDFSからアクセス、データ処理が可能なため相互のデータ転送が不要となります。

「Asakusa Framework(TM)」を使って開発された基幹バッチ処理アプリケーションを実行するにあたってもこのファイル共有の機能を使用することで既存システムとHDFS間のデータ転送が不要となり、トータルの実行時間を大幅に短縮することができます。

Hadoopが持つ並列・分散コンピューティングパワーをバッチ処理高速化に活かすために開発された「Asakusa Framework(TM)」と、Hadoop環境で高い性能・信頼性を実現する「Interstage Big Data Parallel Processing Server」の組み合わせは、既存のバッチアプリケーションの処理時間を大幅に短縮させるだけではなく、これまで適用できなかった全く新しいバッチアプリケーションの開発/実行/運用を可能とします。

@Press

トピックスRSS

ランキング