フュートレックとフェンリルがスマートデバイス向け音声認識対応ブラウザを開発 Webアプリケーションへの手軽な音声認識実装を実現

@Press / 2012年10月10日 10時0分

音声認識対応ブラウザ上のWebアプリケーションの例
株式会社フュートレック(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:藤木 英幸 以下、フュートレック)とフェンリル株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役:柏木 泰幸 以下、フェンリル)は、2012年10月10日(水)~12日(金)に東京ビッグサイトで開催される「スマートフォン&タブレット2012秋」において、フェンリルの Android向けWebブラウザ「Sleipnir Mobile(スレイプニル モバイル)」に、フュートレックの音声認識「vGate ASR」を実装した、音声認識対応ブラウザを参考出展いたします。

この度出展する音声認識対応ブラウザに実装しているフュートレックの音声認識vGate(ブイゲート)シリーズは、高性能の音声認識として評価を受けており、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの「しゃべってコンシェル」(音声認識エンジンを提供)をはじめとして、多くの採用実績を持っております。

一方、「Sleipnir Mobile」は、タッチジェスチャによる直感的な操作感や、他プラットフォームで動作する「Sleipnir」とのブックマーク自動同期機能を有しているスマートフォン向けの「Sleipnir」の総称で、iPhone / iPad版/ Android版及び Windows Phone 版が提供されており、世界中のユーザーに利用されています。

フュートレックとフェンリルは、音声認識技術「vGate」と「Sleipnir」を組み合わせ、「Sleipnir」の心地よく操作できるブラウジング機能に、「vGate」の音声入力によるスムーズな入力方法を加えることにより、より快適なモバイルWeb環境を提供してまいります。

これにより、「Sleipnir」をご利用頂いているユーザー様にはハンズフリーが必要となる状況や、入力操作が困難な状況においても、簡単で正確な文字入力を行う新たなサービス価値を提供する事が可能になります。また、Webアプリケーション開発会社にとっても、より簡便に音声認識環境を実装することができます。


◆ 音声認識対応ブラウザの特徴 ◆

・安心してご利用いただけるWebブラウザ
「Sleipnir」は累計3,000万ダウンロード数を誇る、国産として市場シェア No.1(※1)のブラウザです。

・最小工数で音声認識に対応
音声認識ブラウザ上でお客様のWebアプリに、簡単な追加/修正だけで音声入力が可能となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング