中古マンション売却・賃貸支援サイト『東京マンションナビ』対象エリアを全国に拡大、全国の分譲マンションストックの80%超を網羅

@Press / 2012年10月17日 16時0分

トップページ
 マンションリサーチ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 敏碁)は、2012年1月に正式リリースした中古マンション売却・賃貸支援サイト『東京マンションナビ』について、掲載エリアを首都圏(1都3県)から全国(47都道府県)にサービスを拡大したことをお知らせいたします。

『東京マンションナビ』URL: http://t23m-navi.jp/


■『東京マンションナビ』とは
 分譲マンションを所有するユーザー向けに、大切な資産である分譲マンションの売却・賃貸をスムーズに、そして納得して行うことができるように開始したウェブサイトです。
 今までマンション相場について、広域な相場データは、東証住宅価格指数や民間の不動産調査会社発表などから得ることが可能ですが、各個別のマンションについてのフェアプライスは公表されていませんでした。
 そこで『東京マンションナビ』では、全国の分譲マンションの約80%超にあたる88,500棟について、個別にコンピュータによる自動査定を行っており、過去の募集事例約230万件に基づいて「売りに出した場合」「貸しに出した場合」のリアルタイムな目安価格を算出、公表しております。
 また自身の保有するマンションを登録していただくことで、より詳細な把握ができる「メンバー登録」システムについても堅調にメンバー数が増加しており、本年1月から現在までに4,000名超の分譲マンション所有者にご登録いただいております。


■『東京マンションナビ』の登録マンション数
 全国の分譲マンション戸数については、国土交通省より発表の数値(2011年末時点で579万戸)がございますが、「棟数」についての公表数値はございません。
 そこで、弊社にて分譲マンション1棟あたりの平均戸数から推計したところ、全国に約11万棟存在することが判明いたしました。
 上記の推計マンション棟数のうち、『東京マンションナビ』では、80%超の約88,500棟のマンションデータを保有(2012年10月9日現在)、各個別に価格動向を調査のうえ、ウェブサイト上で公表しております。
 なお、日々マンションデータの拡充に努めており、2012年末には「竣工後1年以上経過した分譲マンション」について、ほぼ網羅できる予定となっております。


■不動産会社向け「選べる」一括査定サービス 首都圏以外のエリアも参画会社の募集を開始
 首都圏で既に50社超の不動産会社と提携、「査定依頼情報」の提供をしておりますが、この度全国化したことにより、首都圏以外の不動産会社についても参画会社の募集を開始いたしました。
 従来の一般的な一括査定サービスでは、市区町村といったエリアでの登録のみ可能でした。その為、査定依頼を行ったユーザーにとって、最良の不動産会社とのマッチングとならない状況が見受けられました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング