アメリカの中学生が学ぶ本場の「国語」教育が日本初上陸!アメリカ在住の家庭教師が教える、日本の中学生向けオンライン英会話学習

@Press / 2012年10月19日 10時0分

イメージ写真1
株式会社アクセルレイト(オフィス:東京都千代田区、代表取締役:豊島 哲也)は、アメリカ在住の家庭教師達の高速インターネットスポットと、日本の中学生の自宅(光ファイバー使用)をビデオチャット接続する、オンライン英会話学習『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(English Writing Theaters)(R)』を、2012年10月下旬から提供開始いたします。

『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(English Writing Theaters)(R)』
http://english-writing-theaters.com


【提供の背景】
英語が世界共通語となった昨今のグローバル経済において、英単語帳を片手に持った「受験の受験による受験のための英語学習」では通用せず、子どもたちが将来苦しむのは明らかです。
日本の中学生は、「中学国語」のクラスを受けて「正しい日本語」を書き、話せるようになります。同じように、アメリカの中学生も、「中学国語」のクラス※を受けて「正しい英語」を書き、話せるようになります。つまり、日本の中学生もアメリカの中学生も「母国語のクラス」を受けます。
アメリカの中学生が学ぶ「本場の洗練された母国語教育」を、“そのままの形で日本の中学生達が学べないだろうか?”“しかも、オンラインで日本の自宅に居ながら学べないだろうか?”そうしたコンセプトから作られたのが、この高速インターネット接続によるオンライン英会話学習『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(English Writing Theaters)(R)』サービスです。


【サービスの概要】
<特徴>
1.アメリカ在住の家庭教師達がビデオチャットレッスンのために専有使用できる高速インターネットスポット※を、アメリカに確保いたしました。これら高速インターネットスポットと日本の中学生の各家庭(光ファイバー使用)を結ぶことにより、安定したビデオチャット接続が可能です。そして、「Skypeスクリーン共有機能」と「Sketchpad※」、さらにペンタブレットを使用することにより、インターネット上にいわゆる、“ホワイトボード”を作り出します。これら高速インターネットシステムにより、地球のこちら側と反対側での“face-to-face”の白熱した個別指導を実現いたしました。

2.学習テキストは、実際にアメリカの学生が使う「国語のテキスト」です。『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(English Writing Theaters)(R)』のコンセプトは「英会話のテキストを使って学ぶ英会話スクール」ではありません。「アメリカ学生の国語テキストを使って学ぶ英会話スクール」です。つまり、日本のインターナショナル・スクールと“ほぼ同じ状況”を自宅で体感できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング