ハイネケン(R)キャンペーンで007が秘密のミッションを遂行

@Press / 2012年10月12日 18時0分

007『スカイフォール』
2012年9月14日アムステルダム ― 世界トップクラスのプレミアムビールブランド、ハイネケン(R)は、23日のジェームズ・ボンド映画新作『スカイフォール』(TM)公開に先駆け(日本は12月1日公開)、心踊る新たなTV&デジタルキャンペーンを発表しました。本キャンペーンでは、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドとしてその鋭い表情をハイネケン(R)の広告で初めて見せてくれます。ボンドがユーザーに『ケースを開く』よう呼びかけ、ユーザーは美しき新ボンドガール、ベレニス・マーロウと共に列車の旅へと出発します。

9月20日に始まったこのインタラクティブなキャンペーンの内容は、TVCM映像がちょうど終わる所から始まります。妖艶なベレニスに列車へ誘われたユーザーは、息を飲むような雪山の世界に旅立ちます。ユーザーを試すように過酷な試練が次々と降り掛かりますが、ユーザーはボンドの敵である悪の手先からブリーフケースの中身を守りつつもその鍵を開かなくてはなりません。

全世界展開の『Crack the Case(邦題:ケースの謎を解け)』キャンペーンは、新しい60秒ムービー(TVCM&オンライン)とパーソナルなインタラクティブ体験を組み合わせたマルチプラットフォームで9月20日より展開が開始されています。マス広告、デジタルコンテンツ、PR、ブランド体験のパワフルなコンビネーションにより、本広告ではハイネケン(R)とボンドのコラボレーションによりこれまでより更に多くの消費者へのリーチを獲得、キャンペーンを一層効果的なものとしています。

15年に渡るボンド・フランチャイズとのコラボレーションにより実現した『Crack the Case』キャンペーンでは、ユーザーは走行中の列車で雪深い山奥に連れて行かれ、自身がスパイになりきるチャンスを与えられます。TVCMからそのまま抜け出てきたボンドガール、ベレニス・マーロウが、怖しい悪の手先を出し抜いて謎のブリーフケースを開くようユーザーに促すことで、この発見に満ちたバーチャルな参加型アドベンチャーの旅に誘います。

『Crack the Case』キャンペーンは、広告代理店ワイデン・アンド・ケネディ アムステルダム(Wieden + Kennedy Amsterdam)により制作されました。キャンペーンのTVCMはオランダの人気映画監督マタイシュ・フォン・ヘイニンゲン JR氏によるものです。


世界中のファンを魅了することで多くのユーザーによるキャンペーン参加を促すため、20日のキャンペーン開始に先行して一部の熱烈なボンドファン向けにオンライン限定のティーザーコンテンツが公開されています。

更に、デジタル、ソーシャルメディア、その他自社メディア間の活発なやり取りに加え、10月に行われるオフラインでの『Crack the Case』イベントでは、このバーチャルドラマを世界中の視聴者に「ライブ」体験としてお届けします。世界各地の有名スポットで開催されるこのユニークなハイネケン(R)イベントは、参加者が限定賞品をかけて競い、今秋公開予定の『スカイフォール』映画作品の公開を祝う、参加型体験イベントとなります。

ハイネケン(R)のチーフコマーシャルオフィサー、アレクシス・ナサールは「ハイネケン(R)ブランドのクリエイティブで先進的な姿勢と、伝説的なジェームズ・ボンドフランチャイズとのコンビネーションで、ユーザーの方々には非常に質の高いエンタテイメントを提供できると思います。単純なヒーローではなく、自信に満ち、高い資質を備え、新たな経験を恐れないボンドの究極の『Man of the World』としての姿は、ハイネケン(R)ブランドそのものを象徴しています」とコメントしています。

日本において本TVCMの放映予定はありませんが、You Tube内ハイネケンオフィシャルチャンネルにてご覧いただけます。また、デジタルコンテンツ『Crack The Case』は、ハイネケンのフェイスブックおよびオフィシャルサイトにて公開中です。
http://www.youtube.com/user/heineken
http://www.facebook.com/heineken/app_448213661885294
http://www.heineken.com/jp/jamesbond/start/crack-the-case.aspx


プレス編集者様への補足メモ:
『Crack the Case(邦題:ケースの謎を解け)』TVCMについて:
・今回のTVCM出演者は、フランス人の俳優兼ダンサー、モデルのクリス・デ・アルメイダです。
・『Crack the Case』クロスメディアキャンペーンは、新しい経験やハイクラスなライフスタイルを提案するハイネケン『オープン・ユア・ワールド』キャンペーンの一部であり、ジェームズ・ボンドはその完璧なモデルと言えます。


ハイネケンとジェームズ・ボンド
ハイネケンは、『トゥモロー・ネバー・ダイ』、『ワールド・イズ・ノット・イナフ』、『ダイ・アナザー・デイ』『カジノ・ロワイヤル』、『慰めの報酬』を通じた世界的なパートナーシップにより、ジェームズ・ボンドと強い絆を築いてきました。


『スカイフォール』(TM)について
世界最長の映画シリーズである007の23作目『スカイフォール』(TM)では、ダニエル・クレイグがイアン・フレミングの描くジェームズ・ボンドとして再び帰って来ます。『スカイフォール』ではMが自らの暗い過去にさいなまされ始め、ボンドのMへの忠誠心が試されます。MI6が攻撃の対象となり、自ら犠牲を払ってでも脅威を突き止め、取り除かなくてはならない007。本作はアルバート・R・ブロッコリのEONプロダクションズ、MGM、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる制作です。監督はサム・メンデス、プロデューサーはマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。脚本はニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドとジョン・ローガンです。


ハイネケン(R)について
創設者の姓を冠するハイネケンは、世界中ほぼどこででも買うことができる、世界トップクラスのビールブランドです。より詳しくは http://www.heineken.com 、および http://www.theHEINEKENcompany.comhttp://www.Facebook.com/Heineken. をご覧下さい。


アルバート・R・ブロッコリのEONプロダクションについて

EONプロダクションズ

EONプロダクションズとダンジャックLLCは、ブロッコリ/ウィルソン家が全保有・統括する企業です。ダンジャックLLCは、既存のジェームズ・ボンド映画の著作権をMGMと共同所有し、今後のジェームズ・ボンド映画および世界中のマーチャンダイズの制作に関する権利を統括する米国拠点の企業です。EONプロダクションズはダンジャックLLCの子会社であり、ジェームズ・ボンド映画を製作する英国拠点の制作会社です。007は1962年から22作品を生み出した映画史上最長の映画シリーズです。アルバート・R・「カビー」・ブロッコリの跡を引き継いだマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリが、『カジノ・ロワイヤル』や『慰めの報酬』などボンド作品の中でも最も成功を収めた映画を生み出しています。現在二人は、23作目『スカイフォール』を制作中です。


メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオについて

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオ(MGM)は、世界的な映画・TVコンテンツの制作および配信を行うエンターテイメント企業です。MGMは、傑作映画やテレビ番組の多数存在する世界でも有数のライブラリを所有しています。更にMGMは、MGMブランドチャンネルを含む国内・国際テレビチャンネルを所有しています。より詳しくは、 http://www.mgm.com をご覧下さい。


ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)は、東京に本社を置くソニー株式会社の子会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカの子会社です。SPEの世界的な営業活動には、動画制作および配信、テレビ番組制作および配信、ホームエンターテイメント買収および配信、グローバルチャンネルネットワーク、デジタルコンテンツ制作および配信、スタジオ設備稼働、新規エンターテイメント商品・サービス・技術の開発、159ヶ国でのエンターテイメント配信などが含まれます。より詳しくは、 http://www.sonypictures.com/ をご覧下さい。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング