UEIが思想家/小説家の東 浩紀 氏をCPOとして招聘

@Press / 2012年10月12日 14時30分

株式会社ユビキタスエンターテインメント(UEI、ヨミ:ユーイーアイ、本社:東京都文京区、代表取締役社長 兼 CEO:清水 亮)は、思想家/小説家の東 浩紀 氏をCPO(チーフ・フィロソフィー・オフィサー:最高哲学責任者)として招聘いたしました。

東 氏は現代日本を代表する思想家・哲学者・評論家・小説家として知られており、その卓越した見識は国内外の専門家からも高く評価されています。
今回、東 氏は新設されたCPO(チーフ・フィロソフィー・オフィサー:最高哲学責任者)に就任し、当社の事業に哲学的な文脈(コンテクスト)を付与していきます。また、当社の開発する製品の企画にも関与して行く予定です。

東 氏を招聘する背景には、UEIが今後の事業の発展を考える上で、単に製品を作ってリリースするだけではなく、社会の文脈のなかでの事業の意味付けを行い、真に社会に貢献していく企業としてUEIのあるべき将来像を定義づける必要性があるからです。海外では企業理念を確立するためにこうした役職を置くことは珍しくなく、UEIに於いても哲学的視点で企業のあり方を定義していきます。


■東 浩紀(あずま ひろき) 略歴
1971年東京生まれ。思想家、批評家、作家。主な著書に『存在論的、郵便的』(1998、サントリー学芸賞)『動物化するポストモダン』(2001)『クォンタム・ファミリーズ』(2009、三島由紀夫賞)『一般意志2.0』(2011)がある。株式会社ゲンロン代表取締役。


■株式会社ユビキタスエンターテインメントについて
株式会社ユビキタスエンターテインメントは、常に新時代のライフスタイルを提案することをモットーに、iPhone、iPadなどのスマート端末はもちろん、モバイル、PC全般の技術をベースとした“暮らし提案型企業”です。
経済産業省が管轄するIPA(独立行政法人情報処理推進機構)の未踏ソフトウェア創造事業で採択された高度な技術を基盤として、それらを幅広く応用したライフスタイルサービスを常に提案しています。iモード黎明期の「iアバター」からスマートフォン対応のソーシャルゲーム「決戦!戦国VS三国志」まで、常に最先端のモバイルサイトやモバイル用ゲームの開発・運用に実績があります。また、みずほ銀行のスマートフォン向けARアプリケーション「ATM・店舗検索」の開発、二つ折りアンドロイド端末用の世界初の文房具アプリ「Zeptopad FOLIO」、HTML5 + JavaScript環境向けゲーム開発エンジン「enchant.js」など、独自の視点でユニークな製品開発を続けています。
URL: http://www.uei.co.jp/

<「enchant.js」について>
「enchant.js」は2011年4月17日にUEIによって開発され、公開されたオープンソースのHTML5向けゲームエンジンです。PC/Macはもちろん、Android/iPhoneなどクロスプラットフォームで動作するゲームエンジンとしてMIT/GPLのデュアルライセンスで頒布されています。プログラム本体のほか、ゲーム作成に使用可能な画像素材や音声素材なども提供。
「9leap( http://9leap.net/ )」のために開発され、世界中で最も多く利用されているHTML5向けゲームエンジンとなっております(2012年9月当社調べ)。
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催するCEDEC 2012にて「CEDEC AWARDS 2012ネットワーク部門 最優秀賞」を受賞。
URL: http://enchantjs.com/


※「Android」および「Androidロゴ」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「iPhone」「Mac OS」はApple Inc.の登録商標です。
※その他一般の製品名などはすべて各社の商標または登録商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング