「ダライ・ラマ法王と科学者との対話―日本からの発信」を東京で開催 科学と宗教は、人類のために何ができるか、の可能性に挑む

@Press / 2012年10月18日 13時0分

ダライ・ラマ法王
チベット仏教の最高指導者でノーベル平和賞受賞者のダライ・ラマ法王と日本を代表する科学者が分野を超えて率直な対話を行う「ダライ・ラマ法王と科学者との対話―日本からの発信」を、11月6日・7日に東京(於:ホテルオークラ東京)で開催することをお知らせします。「ダライ・ラマ法王と科学者との対話 実行委員会」が主催します。

ダライ・ラマ法王と科学者との対話は、アメリカのマインド・アンド・ライフ インスティテュートが( http://www.mindandlife.org/ )30年に亘って世界の著名な科学者を招き、チベット亡命政権のあるインドのダラムサラで行われてきました。また、ダライ・ラマ法王が欧米の主要大学や研究機関 ― マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、オックスフォード大学、パリ大学、等 ― に招かれて行われてきましたが、アジアでこれほどの規模で対話が開催されるのは今回が初めてです。開催国日本で、日本の科学者がダライ・ラマ法王と対話することは歴史的なイベントと言えます。

ダライ・ラマ法王はこれまで、現代科学によって仏教を検証することで、21世紀における仏教の役割を明らかにしてこられました。これまでの対話が西洋の科学者が中心であったため、ダライ・ラマ法王は数年前より、仏教国の科学者との対話を行うことを強く望んでおられました。

ダライ・ラマ法王の意を受けて、ダラムサラでの科学者との対話に招かれた唯一の日本の科学者である筑波大学名誉教授村上 和雄博士、法王と長年の親交があるジャーナリスト下村 満子氏(元「朝日ジャーナル」編集長)、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のラクパ・ツォコ代表が中心となって「ダライ・ラマ法王と科学者との対話 実行委員会」を1年前に発足し、今回の対話を開催する運びとなりました。対話は、遺伝子科学、医学、物理・宇宙学の4つのセッションに分けて行われます。宇宙や生命のより深い理解のため、また世界の諸問題の解決のために、科学と宗教が境界線を越えて、今までにない新しい可能性に挑み、科学と宗教の協同により、人類にどう貢献できるかのメッセージを日本から世界に発信していきます。

ダライ・ラマ法王は次のように述べています。「現代科学は身体や脳の微細な働きをはじめ、高度に洗練された物理学世界を解き明かしてきました。一方で仏教科学は、こころや感情を様々な面から詳細に理解することを第一に専心してきました。こころや感情は、現代科学においては比較的まだ新しい分野です。ゆえに、現代科学と仏教科学は重要な知識を互いに補い合うことができるでしょう。私は、現代科学と仏教科学、それぞれのアプローチの統合が、身体、感情、社会のウェルビイングを増進するための発見に繋がると確信しています。」
(ダライ・ラマ法王のメッセージから抜粋。下記にメッセージの序文を記載しています。)

@Press

トピックスRSS

ランキング