ケアネット、医師1,000人にスマートデバイスに対する意識を調査 医師の半数以上がスマートフォン・タブレット型端末を少なくとも一台所有 ―60代以上の約3割がタブレットを利用、スマートフォンよりも高い所有率―

@Press / 2012年10月16日 14時0分

スマートデバイスの用途
医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は、2012年9月21日、当社医師会員1,000人に対し、スマートデバイスに関する調査を実施しました。国内全体でスマートフォン(以下:スマホ)が急速に普及しつつある現在、スマートデバイスを用いた医師の情報収集をめぐる状況はどう変化したのか、2010年、2011年に実施した調査結果と比較しご報告いたします。


【結果概要】
◆医師の半数以上がスマートデバイスを所有している。
全体では、スマホ・タブレット両方の所有者が15.7%、いずれかを所有している医師が36.4%、いずれも所有していない医師が47.9%となり、医師の半数以上が一台あるいは複数のスマートデバイスを所有しているという結果となった。

◆医師の約4割がスマホを所有、30代以下では半数以上が利用中。
スマホ所有者に関しては、2010年の調査開始当初22.4%、2011年では28.0%と年々上がってきたが、2012年の今回は10ポイント以上伸びて38.6%。一般市民の28.2%※と比較すると、10ポイント以上 上回る所有率であった。年代別では若い世代の医師ほど利用率が高く、40代で42.5%、30代以下では54.2%と実に半数を超える結果となった。
※日経BPコンサルティング「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2012」より。一台あるいは複数所有する回答者

◆タブレット型端末の所有者は2年前に比較して倍増。年代に比例せず60代でも約3割が利用。
一方タブレット型端末に関しては、初代iPadが発売された2010年時で所有率13.1%と、医師のスマートデバイスに対する関心度の高さが既に見られていた。その後2011年で20.3%と伸び、2012年の今回は29.2%と約3割の医師が所有していることが明らかとなった。またスマホと異なり、年代による偏りがあまり見られず、30代以下で31.3%、60代以上で29.2%となった。

◆60代以上の医師ではタブレット型端末の所有者がスマホ所有者を上回る。
30代以下ではスマホ所有者は54.2%、タブレットで31.1%と、ほぼ全ての年代においてスマホ所有率がタブレットのそれを上回っているが、60代以上になるとスマホで25.8%、タブレットで29.2%と逆転。『移動中、学会など調べ物にタブレットを使う。スマホの画面では小さく見にくいので』といった声も寄せられた。

@Press

トピックスRSS

ランキング