生活者のPOP(Point of Purchase)シーンをスマートに拡張する画像認識型シェアードアプリ ― 「POPAR(ポッパー)」新登場 ―

@Press / 2012年10月17日 9時30分

 検索やAR(拡張現実)といったテクノロジーからリッチな情報体験を提供するナレッジワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:所司 里佳、以下 ナレッジワークス)は、画像や印刷物をスマートフォンのカメラでクイックキャッチしWebページに誘導したり、デジタルコンテンツのダウンロードができる、シェアードアプリ「POPAR(ポッパー)」とマネジメントサービスを発表致します。


【背景と狙い】
 ナレッジワークスは、これまで国内外のマーカーレス(画像認識)型ARエンジンを使用したO2Oサービスで数多くの実績と知見を蓄えてまいりました。既存のリアルメディアやビジネスモデルにAR技術を加え、新たなブランド・コミュニケーションを創造するアプローチを+AR(プラスエーアール)と定義し、ユーザーのPOA(Point of Advertising)、POP(Point of Purchase)、POU(Point of Use)のシーンに応じたサービスのディレクションおよび開発を行って参りました。現在利用されているARエンジンやサービスの多くがPOA用途向けであるのに対し、この「POPAR」は、今後拡大が予想される生活者のPOPシーンでの利用に向けたサービスとして機能を充実させました。


【「POPAR」サービスの概要】
<「POPAR」で+ARするには:ブランド側>
 画像ターゲットの登録・コンテンツとの紐づけ・アクション管理のためのサービスオペレーター機能と、アクセスログ・レポーティング機能をクラウドASP型でご提供します。サービスオペレーターは、管理画面より必要な情報をアップロードして、いつでも簡単、低コストに「POPAR」サービスを開始・提供することができます。
 アプリを通じてスマートフォンに表示される「POPAR」サービスのデザインフォーマットは、標準的なサンプルテンプレートをご用意する他に、独自のカスタマイズ・テンプレートの使用も可能です。
 また、アクセスログ・レポーティング機能により、どの画像ターゲットが、いつ、何回閲覧・体験されているかを把握できます。O2O施策の1つとして、貴社のブランド・コミュニケーション戦略に組み込んでご利用ください。
 「POPAR」は画像認識型サービスのため、ターゲットとする画像側(印刷物や商品パッケージ、屋外広告板など)に特別なしかけやマーカーなどの印刷が不要な点も、サービスを気軽にご利用いただけるメリットです。ただし、全ての画像ターゲットが認識できるわけではありません。画像によっては認識精度が落ちることがあります。ターゲット画像の認識精度が足りているか否かは、サービスオペレーター機能を通して視覚的に判別できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング