エクセリーベ、「カウンセラー×TV電話」による従業員見守りサービスを開始

@Press / 2012年10月18日 11時0分

利用シーン
 メンタルヘルス対策サービスを提供する株式会社エクセリーベ(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:大橋 稔)は、専門家(産業カウンセラー、臨床心理士など)によるTV電話カウンセリングでメンタル不調の早期予防・解決に導く「企業向けオンラインカウンセリング“見守りんBiz”」(以下 見守りんBiz)を、2012年10月18日(木)から提供開始いたします。


【サービス概要】
 専門家がTV電話を利用して、契約企業の従業員にカウンセリングを行います。
 TV電話を利用することで従業員が利用しやすい「平日夜間・土日の対応」を可能とし「対面相談と同等の質」のカウンセリングを「安価」で提供できます。さらに「周囲に知られず」「いつでもどこでも」利用できるため、自宅などでも気軽に相談することができ、メンタル不調の早期予防・解決へと導きます。


【提供の背景】
 厚生労働省が国会に提出した「従業員へのメンタルチェック」を義務づける労働安全衛生法の改正案(2011年12月)が示すように、企業内でのメンタルヘルス対策は我が国が抱える緊急課題の1つであり、早い段階で専門家のカウンセリングを受け、悩みやストレスの早期解消に努めることがもっとも効果的であるとされています。

 しかしながら、メンタルヘルス対策の現状は「指定クリニックへの予約・訪問が必要」「社内での対応は可能だが、就業時間(平日昼間)のみ」「社内会議室を限られた曜日・時間に開放し、カウンセリングを受ける」など、当事者にとっては気軽に利用できる環境にないことも少なくありません。そのため、用意された制度も利用される頻度が低く、効果的であるとは決して言えない状況です。

 本サービスは、早い段階で気軽にカウンセリングを受けられる環境を提供することで積極的な利用を促し、メンタル不調の早期予防・解決へと導きます。


【サービスの特徴と料金】
■特徴
 TV電話カウンセリングは「周囲に知られず」「いつでもどこでも」行えるため、「気軽な利用」によりメンタル不調の早期予防・解決へと導きます。
 企業にとっては、当事者が利用しやすい制度を低コストで運用でき、休職者数の抑制につなげることが可能になります。

■TV電話によるカウンセリング4つの特徴
1.いつでもどこでも
平日夜間・土日の対応が可能なため、早い段階での利用を促進し、早期の予防・解決を実現
2.周囲に知られにくい
特定の場所(相談ルームやクリニック)へ移動する必要がないため、周囲に知られるリスクを軽減
3.高品質なコミュニケーション
表情、服装、応対状況も確認できるため、対面相談と同等の高品質なメンタルケアを提供
4.低コスト
当事者とカウンセラー双方の移動コスト、相談スペースなどの固定費が不要となるため、低コストでの運用を実現

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング