ウォーターズ、新製品ライン、分析スタンダード&試薬を発表~トレース可能で認証済み~

@Press / 2012年10月19日 13時30分

Waters分析スタンダード&試薬
ウォーターズコーポレーション(WAT:NYSE)は、研究ラボに向けて200種類以上の調製済み標準物質と試薬を揃えた、分析スタンダードおよび試薬の新たな製品ラインをリリースしました。Waters分析スタンダード&試薬は、生産性の向上、国際化のサポート、ビジネス成長の促進、コンプライアンス強化というラボのニーズに応えるものです。

ウォーターズは、分析スタンダードおよび試薬を、コロラド州ゴールデンに新設された施設で製造しています。単一成分の低分子からタンパク質消化物や糖鎖スタンダードまでを揃えたWaters分析スタンダード&試薬は、世界中どこでもすぐにお求めいただけます。今後もさらに、お客様のご要望に応じて、新しい製品を追加してく予定です。

「LCおよびLC/MS分析において最高のパフォーマンスやコンプライアンスを実現する上で、分析スタンダードおよび試薬は非常に重要な役割を果たします。分析スタンダードおよび試薬は、適切な方法で合成し、高純度の原料を使用し調製を行い、安定性の確認を行った上で正しく文書化されていなければなりません。何百名もの研究者に調査を行ったところ、多くのラボが今でも、複数の外部サプライヤーから仕入れた原料から手作業でスタンダードを調製していることがわかりました。正直なところ、分析ラボの皆様はそのような仕事はしたくないでしょう。なぜならば皆様の課題は、分析の結果から新しい発見をすることであって、スタンダードを作ることではないからです。」

そうした背景を受けて、「私達は分析スタンダードおよび試薬を製品展開しているのです」と、ウォーターズのケミストリーコマーシャルオペレーション部門副社長のMike Yelleは語っています。


分析スタンダードおよび試薬は、分析あるいは分取HPLC、SFC、LC/MSシステムの正しい校正、適格性評価、そして運用において重要な役割を果たします。世界中にラボを展開する組織にとって、ある分析から次の分析に移行しても、装置が変わっても、取り扱うラボが異なっても、品質レベルを一定に保つことは必要不可欠です。隙のない比較可能なデータを得るには、繰り返し何度でもまったく同一の標準物質を長期にわたって調製できなければなりません。ウォーターズが厳しい基準に合わせてスタンダードおよび試薬を製造しているのはそのためです。

Waters分析スタンダード&試薬は、完全にトレースすることが可能です。虚偽の報告や誤った報告をしないためには、標準物質は、曖昧さを排除した、壊れることのない、完全に文書化された比較の連鎖により、ソースに直接リンクされていなければなりません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング