アリスタネットワークス、VXLANやプログラミング環境でSDNに柔軟に対応する次世代の10ギガビットイーサネットスイッチ『Arista 7150シリーズ』を販売開始

@Press / 2012年10月17日 12時0分

Arista 7500
2012年10月17日、東京発 ― アリスタネットワークスジャパン合同会社(本社:豊島区、代表取締役:カイル・チェラトン)は、柔軟なフォワーディングパスにより、高度な機能からSDN(Software Defined Networking)までサポートしたスイッチ新製品『Arista 7150シリーズ』の国内販売開始を発表いたします。


『Arista 7150シリーズ』は、現在のレイヤ2・レイヤ3とマルチキャストを提供するスイッチ製品では最大の規模です。また物理マシンと仮想マシン間でのワークロードのモビリティを可能にする、ワイヤスピードのVXLANトンネルもサポートしています。
ネットワーク・アドレス変換、IEEE 1588 Precision Time Protocol、輻輳管理などの高度なネットワーク・サービスにも単一のシステムとして初めて対応し、これまでにない柔軟性を実現しました。


■背景
これまでのネットワーク遅延に厳しいユーザは、ポート密度、スケーラビリティ、機能といった部分に妥協することで、低遅延のソリューションを手に入れていました。また、精度の高いネットワークの管理には、ネットワーク機器とは別の高価で複雑な仕組みを必要としていました。さらに、これまでのイーサネットスイッチは、来るべきSDN時代に対応するための柔軟なパケット中継機能を十分にはサポートすることが不可能でした。
今回、アリスタネットワークスが国内販売を開始した『Arista 7150シリーズ』は、データセンターにおけるこれからの問題に対するソリューションを提供し、低遅延、高ポート密度、さまざまな新機能のすべてを実現した10ギガビットイーサネットL2/L3スイッチです。


■SDN機能でビッグデータ、クラウド、Web 2.0、金融取引などに対応

●『Arista 7150シリーズ』主な特長
1.1ラックユニットの筐体に、1/10ギガビットイーサネットを最大64ポート、または40ギガビットイーサネットを最大16ポート収容し、ポート間の転送遅延時間は350ナノ秒と業界最高クラス。
2.コンピュータ仮想化環境においてVM(仮想マシン)のモビリティをより柔軟にかつスケーラブルにするための新しいプロトコルであるVXLANをサポート。ワイヤーレートでのVXLANトンネリングが可能。
3.NAT(ネットワークアドレス変換)を、ワイヤーレートかつ低遅延で実現。金融系のシステムやHPC(High Performance Computing)の領域において、従来のNAT装置が付加していた数100マイクロ秒の遅延を解消。
4.IEEE 1588 PTP(Precision Time Protocol)をハードウェアでサポートすることにより、外付けの特殊な装置や配線を使用することなく、ネットワーク機器やサーバの時刻を10ナノ秒単位で同期することが可能に。
5.LANZ+(Latency Analyzer +)により、データセンター内のマイクロバーストを検出することが可能となり、ビッグデータやその他のアプリケーションの性能を最大限に引き延ばすネットワーク運用が可能に。
6.AgilePort機能により、4つの10ギガビットイーサネットを束ねて1つの40ギガビットイーサネットして使用することが可能。これにより、ネットワークのスケーラビリティや移行のしやすさを向上。

@Press

トピックスRSS

ランキング