1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

甘さ控えめの小豆で餅を包んだ和菓子「あも」に、小豆のうまみを引き立てる焼き塩使用の“塩味バージョン”新登場!

@Press / 2012年10月18日 9時30分

あも(塩)
株式会社 叶 匠壽庵(かのう しょうじゅあん、本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:芝田 冬樹)は、丹精込めて炊き上げた上品な甘さの小豆で、やわらかなお餅を包んだ極上の棹菓子(さおがし)「あも」にバリエーションを増やし、小豆のうまみを引き立たせる焼き塩使用した「あも(塩)」を新発売いたしました。
羊羹の日である10月8日の発売開始以来、全店合計限定1,000個/1日がほぼ全店で完売するほどの人気商品となっております。


1.「あも」について
叶 匠壽庵の代表銘菓「あも」は、1971年(昭和46年)に長等総本店にて誕生した、小豆とお餅によるシンプルな素材の組み合わせによる棹菓子(※1)です。一釜一釜職人が粒をつぶさぬよう丹精込めて炊く甘さ控えめの小豆、職人が作る赤ちゃんの肌のようにきめ細かくつるつるとした表情を持つお餅、といったこだわりが詰まっており、販売開始以来高い評価をいただいてます。

このたび、その「あも」に新たに塩味バージョンを追加することにより、お好みに合わせて選ぶ楽しみが広がりました。

なお「あも」とは、古語(※2)の女言葉で「餅」を意味します。

(※1)棹菓子:和菓子の形状のひとつ。長い直方体/円筒形などをしたものの総称。
(※2)古語とは昔使われた言葉で、現在では一般に使われなくなっているもの。

2.「あも(塩)」について
餅に白玉粉を入れることで、塩に合ったコシのあるお餅に仕上げています。塩は赤穂の焼き塩。400℃で焼く塩は尖った味に丸みを出し、苦味がないのが特徴です。この焼き塩を使用することで塩辛さが強調されることなく、まろやかな味を楽しんでいただけます。又、こだわりの塩加減で小豆のうまみを引き立たせています。
10月8日に発売以来、全店合計限定1,000個/1日がほぼ全店で完売しており、増産に向けて計画中です。
※「あも(塩)」6億円/1年、「あも」12億円/1年。2種類の「あも」で全体構成比30%を目指します。


3.商品概要
主な素材:小豆(春日大納言)、糯米(羽二重餅粉)、白玉粉、塩(赤穂の焼き塩)
価格  :1,155円(税込)
販売場所:叶 匠壽庵店舗(67店)
     店舗のご案内→ http://www.kanou.com/shop

※こちらの商品は店頭販売のみとなります。
※季節限定・各店限定数販売となっております。売り切れの際はご容赦下さい。


■株式会社 叶 匠壽庵 概要
(1)商号     :株式会社 叶 匠壽庵 ( http://www.kanou-corp.com )
(2)代表者    :代表取締役社長 芝田 冬樹
(3)本社所在地  :滋賀県大津市大石龍門4丁目2番1号
(4)設立年月日  :1958年9月
(5)主な事業の内容:和洋菓子の製造・販売、一般飲食業
(6)資本金    :7,980万円

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

あも(塩)パッケージ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング