9割の独身アラフォー女性がいずれは結婚するつもりなのに、独身アラフォー女性が5年後までに結婚する確率は極めてゼロに近い真実!?欲望のマーケティング・レポート 第2弾

@Press / 2012年10月18日 13時0分

表:未婚率の推移からみる40代未婚女性の5年後の結婚率
 2012年9月に設立した新しい時代の出版ビジネスを目指す出版社、株式会社gift(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本 由樹)は、アラフォーをターゲットとしたビューティー誌『美ST』の元編集長、「美魔女」ブームの生みの親でもある当社代表 山本 由樹の著書『「欲望」のマーケティング』が2012年10月13日に発売されたことを記念し、アラフォー(40歳前後)の女性の恋や性、結婚にまつわる実態を公開いたします。
 なお、本書は現在、Amazon「本 ビジネス・経済 マーケティング・セールス 全般」部門のランキングで1位、「新書の一番欲しいものリスト」では5位を獲得させていただいております。(2012年10月18日 午前10時現在)


既婚アラフォー女性のセックスレスを紹介したレポート第1弾に続き、第2弾では、「独身アラフォー女性」の実態を象徴する一つのデータをご紹介します。

【40代後半独身女性の5年後の結婚確率はわずか1.3%?】
 平成22年度国勢調査によると、35~39歳の女性の独身率は約30%、40~45歳の女性の独身率は約26%で、アラフォー女性の3人に1人から4人に1人が独身であるとの結果です。
 次に、5年前に遡って、平成17年度国勢調査で、40歳~44歳、45歳~49歳の女性の未婚率と比較したところ、40歳~45歳の女性が、5年後に結婚した確率は4.1%、45歳~49歳の女性が、5年後に結婚した確率は1.3%という衝撃的な確率であることが浮き彫りになりました。統計上はゼロに近い数字と言えるでしょう。

【独身アラフォー女性は「結婚という幸せ物語」では語れない?】
 こうした独身アラフォー女性の現実について、40代女性を中心にした月刊誌『STORY』の編集長を6年、『美ST』の編集長を3年務め、「40代女性」の美容・ファッション・生き方、ほぼ全てを知り尽くした「40代女性」のスペシャリスト 山本 由樹は以下のようにコメントしています。
 「独身アラフォー女性は、統計上、衝撃的な結婚確率しかない一方で、約9割が「いずれ結婚するつもり」と答えている調査もあります。願望と現実のギャップが大きな彼女たちは「結婚という幸せ物語」の文脈では、語れない女性たちなのです。実は、40代独身女性を明確に意識されて設計された雑誌は、現在、存在しません。彼女たちの存在をポジティブに転換させてあげる雑誌が生まれれば、そこに新しいライフスタイルが生まれるのではないでしょうか。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング