セキュリティを強化した文書管理システムを販売開始 文書の種類ごとに参照、印刷の制限や配布後の閲覧抑止が可能に

@Press / 2012年10月22日 11時0分

図、システム構成
 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、文書管理システム「ラビニティ One」と株式会社ハイパーギア(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:本田 克己/以下、ハイパーギア)の情報漏洩防止製品「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」との組み合わせを実現する「ラビニティ Security 連携オプション」の販売を10月31日から開始します。これにより、契約書や見積書など、文書の種類ごとに参照、印刷の制限や配布後の閲覧抑止が可能となり、文書管理システムのセキュリティ強化を実現します。

 流通業、サービス業では個人情報を含む契約書や見積書、製造業ではグローバル化の推進に伴う機密情報を含む図面や設計書などの情報漏洩の防止が、絶えず企業経営の大きな課題となっています。

 このような背景の下、日立ソリューションズは、直感的な操作や属性情報による検索で、複数人での文書作成作業を効率化する文書管理システム「ラビニティ One」に、アクセス権の設定や監査証跡のログ採取、指の静脈パターンの画像を利用した指静脈認証システム「静紋JS1」と連携した個人認証機能などを提供し、セキュリティ強化を図ってきました。
 ハイパーギアは、Microsoft OfficeファイルやPDFファイルをサーバーでDRM(*1)暗号化し、特定のPCに使用を限定する情報漏洩防止製品「HGSEALED for Doc」を提供してきました。

(*1)DRM(Digital Rights Management):音楽や映像のようなデジタルコンテンツの著作権を保護し、その利用や複製を制御、制限する技術

 今回、ハイパーギアは、「ラビニティ One」との組み合わせ専用の情報漏洩防止製品「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」の提供を新たに開始し、日立ソリューションズは、「ラビニティ One」と「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」との組み合わせを実現する「ラビニティ Security 連携オプション」を新たに提供することで、「ラビニティ One」で管理する文書ファイルのさらなるセキュリティ強化を実現します。
 これまでの「ラビニティ One」では、登録されたWordなどの文書ファイルを一旦PDF化してセキュリティを設定していましたが、「ラビニティ Security 連携オプション」を利用することで、ユーザーは、「ラビニティ One」に登録している契約書や見積書などの文書の種類ごとに、参照、印刷の制限や配布後の閲覧抑止などの、より厳格なセキュリティをMicrosoft Officeファイルの形式で設定することができるようになります。これにより、設定されたセキュリティ条件に基づき、「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」のクライアントアプリケーションがインストールされている特定のPCで、文書ファイルの利用を制限することが可能となります。また、ファイルの参照や印刷などの操作ログをサーバーへ記録することで、これまでよりもきめ細やかなセキュリティ対策を講じることができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング