リクルートストラテジックパートナーズより資金調達を実施

@Press / 2012年10月24日 10時30分

スキマトーク トップページ
世界中の先生から英語を学べるソーシャルラーニングサイトを開発・運営するSkimaTalk, Inc.(以下 スキマトーク、所在地:米国カリフォルニア州バークレー市 2140 Shattuck Avenue #1110、代表:清水 幸治)は、今般、株式会社リクルートホールディングスの100%子会社であるRecruit Strategic Partners, Inc.(所在地:米国カリフォルニア州パロアルト市530 Lytton Ave, Suite 231、代表:岡本 彰彦)を引受先として、資金調達を実施しましたことを発表します。

現在、スキマトークでは、英語を教えたいネイティブスピーカーと英語を学びたい学習者との間で、C to C(一般消費者間)のマッチングを行う英語学習プラットフォームの運営を行っております。

スキマトークの特徴は、学習者が先生の評判や趣味・経歴から自分で先生を選べて、ネイティブ英会話ではとてもお得な1回約750円(25分)でレッスンを受講できることです。入会金や月会費はなく、1回単位のお支払いのため、スカイプを通して、好きな時間に好きなだけオンラインでレッスンを受講できます。ハーバードの現役大学生と深い議論をしたい上級者から日本語ができる先生から学びたい初級者の方まで、受講者の希望と先生の特徴にあわせ、多種多様な授業が可能です。

現在、約60名いる先生はすべてネイティブ。北米、欧州、アジアパシフィックなど世界各地にいて、先生と時間が合えば24時間いつでもどこでもレッスンが受講できます。予約は最短で10分前まで可能なため、普段忙しい方でもスキマ時間を利用して、世界中の先生から英語を学べます。

今後は、グローバル事業展開とサービス開発をさらに進めてまいります。今月より、日本に加え、韓国、イタリア向けにもサービスを本格開始。先生の選考も継続的に行っており、来年3月までに世界各地から1,000名規模の先生をリクルートする計画です。

今回の資金調達により、英語以外の語学などを含めて、「誰でも先生になれる、学習者同士で学べる」ソーシャルラーニングプラットフォームの開発を加速させ、新サイトの正式リリースを2013年2月に行う予定です。なお、ウェブサイトのリニューアルに向けて、現在、語学を学習されている方々のご意見を募集しております。下記サイトからアンケートにお答えいただいた方にレッスン1回無料キャンペーン(先着500レッスン)を行っております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング