特許調査支援ソフトウェアGodSearch(ゴッドサーチ)をリリース

@Press / 2012年10月25日 14時30分

パンフレット表紙
アルトリサーチ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:五十嵐 和信、以下 ULT社)は、特許電子図書館(IPDL)を利用した特許の検索自動化ソフトウェア GodSearch(ゴッドサーチ)の出荷を2012年11月1日より開始します。
GodSearchは、特許検索の初心者や大学研究者などが、特許の分類を用いて検索できるようにしたシステムで、キーワードによる検索に比べて、ノイズが少なく、且つ漏れの少ない調査を行うことができます。分類による検索はプロの調査マンが行っている手法で、これを調査の初心者や研究者が容易に行えるようにして専門家同等の検索結果を得られるようにしたシステムです。


【特許検索の実情】
IPDLがどこからでもアクセスできる今日、調査の需要はますます高くなっています。製品発売時の侵害の防止、重複研究の防止、特許出願時の先行技術の調査など、手軽にデータベースを使用して調査をしたいものです。IPDLは、特許分類を利用して検索することを目的にした審査官向けのシステムを基本としているため、分類関連の資料は整備されています。しかし、FI記号だけでも19万種もあるので、分類を駆使して正しい検索式を作るのは慣れない人には不可能に近いことです。
そこで、研究者はキーワードを利用した検索を行いますが、あたりをつける程度の検索はできても、必要な調査はできないのが実情です。企業でも特許調査の専門家を育てるのは大変な時間とコストがかかります。


【GodSearchの特徴】
GodSearchは、調査の専門家のノウハウをソフトウェア化すると共に、キーボード操作の苦手な方にも調査が行えるように殆どの操作をマウスで行えるようにした検索支援ソフトウェアです。

このソフトウェアのキーポイントは、簡単なキーワードを検索者に入力してもらい、ソフトウェアがIPDLで検索を行って、ヒットした特許データをダウンロードして検索者のパソコンに小さなデータベースを作ります。
検索者がこのデータベースを見て自分の欲しい技術に近い特許を見つけたら、ソフトウェアがこの特許の番号の公報に付与されたFIやFターム記号を基に検索式を作成します。Fタームは、記号と共に解説が表示されますので、検索者がマウスでFタームの記号を取捨選択することで検索式の修正が行えます。

修正された検索式を使ってソフトウェアがIPDLで検索を行い、結果を検索者のパソコンにダウンロードし、小さなデータベースを作ります。検索者はこの小さなデータベースの内容を確認するのみで検索が完了します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング