生協のお店で乳がん触診体験~CO・OP共済のピンクリボン運動~

@Press / 2012年10月26日 9時30分

※1 乳がん触診モデル
日本コープ共済生活協同組合連合会(略称:コープ共済連、理事長:矢野 朝水)と全国154ある地域の生協(コープ)では、取扱商品であるCO・OP共済によって乳がんによる万が一のサポートをするだけでなく、1人でも多くの方に、乳がんの早期発見・早期治療と、月に一度の自己検診の大切さをお伝えするために、生協のお店や宅配において様々な取り組みを行っています。


(1)乳がんは30代から増え始めます
CO・OP共済の共済金お支払データ(2011年3月21日~2012月3月20日分)によると、CO・OP共済《たすけあい》女性コースにおいて、乳がんは30代から増え始めることがわかりました。

(2)CO・OP共済のピンクリボン運動の活動内容
【乳がん触診体験の提供】
乳がんのしこり、皮膚のくぼみなどを実際に触って体験いただけるように、乳がん触診モデル(※1、※2)を生協のお店に設置しています。また、このモデルとともにDVD(乳がんのことや早期発見のためのセルフチェックの方法、検診、備えについて)を用いた学習会や講演会を行っている生協もあります。

※1 乳がん触診モデル
http://www.atpress.ne.jp/releases/31006/1_1.jpg

※2 これらの触診体験ができます
http://www.atpress.ne.jp/releases/31006/2_2.jpg


【乳がんセルフチェックカードの配布】
CO・OP共済では月に一度の自己検診を推奨しており、自己検診方法を記載した「乳がんセルフチェックカード」(※3)を全国の生協で配布しています。
また、「乳がんセルフチェックカード」はホームページでも公開しています。
( http://cosuke.coopkyosai.coop/topic/2012/ribon_movement.html )

※3 乳がんチェックカード
http://www.atpress.ne.jp/releases/31006/3_3.jpg


【乳がんに関する情報冊子の配布】
乳がんに関する「体験記」「ミニ知識」「チェック表」「保障に関する情報」をまとめた小冊子(※4)を全国の生協(CO・OP)で配布しています。

※4 乳がんに関する情報冊子
http://www.atpress.ne.jp/releases/31006/4_4.jpg


【コープ共済連のご紹介】
(数値は2011年度末のもの)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング