1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

佐伯チズのキレイになるお茶 美肌茶房の「うなはたけ美人茶」を11月1日に新発売

@Press / 2012年10月30日 12時0分

うなはたけ美人茶イメージ
株式会社コンコード(所在地:東京都中央区、代表:佐伯チズ)では「美肌茶房」より、抗加齢医学(アンチエイジング)の第一人者である同志社大学の米井嘉一教授との肌の抗糖化をテーマにした研究から生まれた「うなはたけ美人茶」を2012年11月1日(木)に新発売いたします。「うなはたけ」とは、このお茶の監修者である美肌師 佐伯チズが唱える美肌の五原則の頭文字で、うなはたけ美人茶には「全ての方にキレイになっていただきたい」という佐伯チズの願いが込められています。

詳細URL: http://bihada-selection.jp/


●美肌と抗糖化食品の研究から生まれた「うなはたけ美人茶」
古くから私たちの健康と生活に役立ってきた心とカラダに優しい植物、それがハーブです。独自の後発酵技術(野草茶後発酵製茶法・特許出願中)から生まれた後発酵ドクダミ茶に、柿の葉、甜茶、グァバ葉などをブレンドした後発酵ハーブティー、それがうなはたけ美人茶です。

当社の親会社である株式会社チズコーポレーションと株式会社ひかわ(本社:島根県出雲市斐川町、代表:加藤和正)とで「美肌と抗糖化食品の研究会(発起人:佐伯チズ)」を立ち上げ、抗加齢医学(アンチエイジング)の第一人者である同志社大学の米井嘉一教授らと共に肌の抗糖化をテーマに研究を進めてまいりました。
近年、注目を集める生体反応の「糖化」。ヒトの身体の老化を抑制するには酸化だけでなく、この糖化にも十分な注意が必要です。我が国では5人に1人は糖尿病予備軍と言われますが、私たちは特に糖化と肌の老化の関係に着目。「肌がしぼんで、くすんで見える」「肌がごわついて化粧のりが悪い」など肌の衰えは年齢を重ねるたび現れますが、キメの乱れ、ハリや弾力のなさ、黄ぐすみといった肌の老化は体内で進む「糖化」が原因なのです。

私たちの今回の研究で、78種の健康茶サンプルを対象に肌の抗糖化につき実験したところ、甜茶、どくだみ、柿の葉、グァバは極めて高い抗糖化活性を示し、健康茶素材として有力なことがわかりました。

※詳細はこちらをご参照ください。
http://bihadasabo.jp/hospital/labo_002.html#tp


この知見をもとにお茶作りのパートナー・株式会社ひかわと商品を企画。これらの強力な抗糖化素材に独自の後発酵技術を加え、おいしさと機能性をUP。カフェインゼロ・カロリーゼロ、糖質ゼロの後発酵ハーブティー「うなはたけ美人茶」が完成しました。毎日の生活習慣の中で、キレイな肌をつくる努力を続けてほしいという佐伯チズの想いから、朝昼晩とTPOにあわせた飲み方提案をしております。
商品は以下の3タイプです。

■商品概要
【朝のうるおいブレンド】 <乾いたカラダに浸みこむ恵み>
・どくだみ、甜茶、柿の葉、グァバ、ルイボス、ハトムギ、黒大豆、しょうが、ごぼう
・ティーパッグ7個入り(21g入り)
・882円(税込)

<おすすめのタイプ>
・美容や健康に気遣う方
・糖分を制限されている方
・運動不足が気になる方
※お休み前やお子様も安心してお飲みいただけます
 (カフェインゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロ)

【昼のすっきりブレンド】 <食事にぴったりクリアな味>
・どくだみ、柿の葉、グァバ、カワラケツメイ
・ティーパッグ7個入り(21g入り)
・882円(税込)

<おすすめのタイプ>
・美容や健康に気遣う方
・糖分を制限されている方
・麺類やご飯類が好きな方
・お酒を多く飲まれる方
※お休み前やお子様も安心してお飲みいただけます
 (カフェインゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロ)

【夜のあまほかブレンド】 <まったりタイムに甘い幸せ>
・どくだみ、甜茶、柿の葉、しょうが、紫芋、チコリ、大麦
・ティーパッグ7個入り(21g入り)
・882円(税込)

<おすすめのタイプ>
・美容や健康に気遣う方
・冷え性の方
・糖分を制限されている、甘党の方
・季節のムズムズ、グズグズが気になる方
※お休み前やお子様も安心してお飲みいただけます
 (カフェインゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロ)

上記のうなはたけ美人茶の画像データは下記URLにてダウンロードが可能です。
http://www.atpress.ne.jp/releases/31053/1_1.jpg

尚、本品は、植物由来の素材のみを使用しており化学薬品や合成着色料などの添加物は一切使用しておりません。加工は国内の指定工場で行っております。


●「後発酵ドクダミ茶」のおいしさの秘密
このお茶は後発酵した「どくだみ」をブレンドしたハーブティーです。
どくだみを乾燥させたものを「十薬」と言いますが、江戸時代に貝原益軒が書いた「大和本草」にも「我が国の馬医、これを馬に用いると、十種の薬の効能があるので十薬という」と紹介されており、現代の医薬品の規格基準書「日本薬局方」にも十薬として収録されています。これは古くから民間薬として薬理的に認められてきたことの証です。
どくだみは“医者いらず”とも言われ、外用にして塗る、貼る、つける。さらに、内用に煎じて飲む、食用に汁を飲む、サラダにして生で食べるなど広く民間で使われてきました。
現代ではお茶として飲む「どくだみ」が広く知られています。どくだみ特有の匂いは生葉に含まれるデカノイル・アセトアルデヒドによるものですが、どくだみにも同様の特有の臭みがあることから飲みにくく敬遠される方が多いのも実情です。
「せっかく体に良くても、毎日飲み続けられるものでないと意味がない」と考え、お茶本来の特性を活かしながら、味や香りを飲みやすくするお茶を開発しました。

2011年6月には、「うなはたけ茶<ローズ>」「うなはたけ茶<ジンジャー>」の2タイプの商品を先行発売し、「どくだみのクセがなく飲みやすい」「とても美味しい、こんなに上質なハーブティーは初めて!」などのご支持をいただきました。この間も研究を続け、今回、これら2品をさらに発展させる形で「うなはたけ美人茶」を新発売することになりました。

●独自の製茶方法「野草茶後発酵法」、だから美味しく飲みやすい
「野草茶後発酵法」とは、お茶の専門会社、株式会社ひかわが独自に開発した、特許出願中の画期的な製茶方法です。この独自の技術を持つ株式会社ひかわと、美肌師 佐伯チズが3年前に出会い、カラダの内側からキレイにするお茶の開発がスタートしました。
「野草茶後発酵法」の「後発酵」とはプーアール茶などの“黒茶”のお茶作りで知られる製茶技術で、茶葉を酸化ではなく微生物の力を活かして発酵させることで味や香りを高めます。プーアール茶製造の根幹に関わる後発酵技術は、本場の中国でも長く国家秘密として大切に受け継がれてきました。中国におけるお茶作りに精通した株式会社ひかわでは、これら黒茶を参考にどくだみを後発酵させることで、どくだみのクセのある香りを抑え、マイルドな味を作ることに成功しました。


■商品の背景、補足
●美肌の五原則「うなはたけ」
美肌師 佐伯チズが唱える美肌の五原則の頭文字を並べたもの。
「う」 潤い
「な」 滑らか
「は」 張り
「た」 弾力
「け」 血色
この5つがバランスよく整っていることが肌の美しさを保つ重要なポイントです。

●「美肌茶房」とは
美肌師 佐伯チズの「美」と「食」のノウハウ、文化への造詣、日本人としての優れた「五感」や知識などを通して、日本の「人」「モノ」「暮らし」「文化」「伝統」などを今一度見つめ直し、今の時代にこそ必要な価値を創造していくコミュニティです。
美肌茶房マガジン: http://bihadasabo.jp/


■会社概要
●株式会社コンコードについて
会社名 : 株式会社コンコード(チズコーポレーション100%子会社)
所在地 : 東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 5F
代表  : 佐伯チズ
主な事業: うなはたけ美人茶の企画・販売、美肌茶房の企画・運営の他、
      化粧品、化粧雑貨、食品の企画・販売
URL   : http://www.saekichizu.com/

●株式会社チズコーポレーションについて
会社名 : 株式会社チズコーポレーション
所在地 : 東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 5F
代表  : 佐伯チズ
主な事業: エステティックサロン経営、化粧品、化粧雑貨、
      食品等の企画・販売
URL   : http://www.saekichizu.com/

●株式会社ひかわについて
会社名 : 株式会社ひかわ
所在地 : 島根県出雲市斐川町直江2620-2
代表  : 加藤和正
主な事業: うなはたけ美人茶の企画・製造、緑茶や健康茶など
      お茶全般の製造・販売
URL   : http://www.hikawa-tea.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング