シンクライアント環境でICカード認証、アプリケーション認証を実現!「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」V1.0をリリース

@Press / 2012年10月31日 11時0分

概要図
 ソリューション事業、自治体事業、システム開発事業の3つの事業を柱とし、ソリューションおよびサービスを提供しているジャパンシステム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阪口 正坦、JASDAQ上場:証券コード9758、以下 ジャパンシステム)は、2012年10月31日、シンクライアント端末接続先の認証時にICカードによる二要素認証を実現する「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」V1.0をリリースします。


 「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」は、シンクライアント端末接続先の認証を「ICカード+パスワード」による二要素により、シンクライアント環境への入口を強固に守ります。
 国内におけるシンクライアントなどのクライアント仮想化ソリューション市場規模は増加の一途にあり、2016年には7,700億円以上の市場規模になると予測されています(*1)。シンクライアント化の目的としては、大きく「セキュリティの強化」や「コスト削減」が挙げられますが、このように急速に普及する企業PCのシンクライアント化に伴い、一方ではセキュリティリスクも顕在化しています。シンクライアント環境では、誰もがどの端末からでも利用できますが、利用者が接続先にログオンする際には、これまで同様に「ID/パスワード」だけの認証がほとんどのため、「なりすまし・不正アクセス」といったリスクへのより一層の対策が急務となります。
 ジャパンシステムは、15年にも及ぶ自社開発のICカード認証ソリューションの知識や経験、ノウハウを応用し、シンクライアント環境におけるセキュリティの強化を「簡単・安全・低コスト」に実現する手段として、「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」をご提供します。

ARCACLAVISに関する詳しい情報はARCACLAVIS専用ページをご参照ください。
http://www.arcaclavis.com/?20121031-press-ways_thinclient

(*1) 出典:IDC Japanプレスリリース「国内クライアント仮想化市場予測を発表」(2012年6月7日)


【「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」について】

 「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」は、「ICカード認証」の他にも様々な機能を備えています。
 「セキュリティの強化」「利便性の向上」をシンクライアント環境で実現できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング