国際粉体工業展東京2012 POWTEX TOKYO 2012 東京ビッグサイトで11月28日(水)から開催! 『この一粒・・・夢をかたちに─粉の技術─』をテーマとし、各企業が出展

@Press / 2012年10月31日 9時30分

前回イベント時の受付風景
 一般社団法人日本粉体工業技術協会(通称:APPIE[アッピィ]、所在地:京都市下京区、会長:大川原 武)は、2012年11月28日(水)~30日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1・2・3ホールおよび会議棟にて、「国際粉体工業展東京2012 POWTEX TOKYO 2012」を開催いたします。

 本展示会は、東京/大阪交互に隔年開催しており、東京での開催は今回で19回目となります。

 先端材料の発展に貢献する「粉体技術」に関する専門展示会として、最新の粉体技術・関連機器が一同に公開され、製品・技術発表の場、市場開拓と事業拡大の場、さらには産学官交流の場として毎回高い評価をいただいております。また、併催行事として、初日にはトヨタ自動車株式会社 電池研究部長 射場 英紀 氏に「グリーンイノベーションとナノサイエンスのつながり」と題して特別講演をお願いしております。また最新情報フォーラムでは「リサイクル」、「ナノマテリアル」、「二次電池」をテーマに講演が行われ、「粒子径計測の国際基準(ISO)に関するセミナー」や「ナノ物質の安全な取り扱いに関するセミナー」、「粉体工学入門セミナー(入門の入門編)」も開催されます。さらに毎回好評をいただいている「粉じん爆発情報セミナー」も開催され、出展者、来場者の皆様にとって大いに役立つ情報を提供できるものと信じております。主催者コーナーの「粉の広場」、技術相談コーナー、学生交流会等の展示・行事も従来通り行います。

 来場者は、「化学・ゴム・プラスチック・紙・パルプ」関連業界をはじめ、「機械・電機・電池・エレクトロニクス」、「食品・飼料」、「無機材料・セラミックス」、「鋼鉄・金属・鉱業・セメント」、「医薬品・健康食品・化粧品」と広範囲にわたり、その職種は「技術・生産」、「研究・開発」の方々で5割以上を占め、具体的な案件を求めご来場いただいております(2010東京は約15,000人が来場)。


開催概要は下記の通りです。

◆展示会名:「国際粉体工業展東京2012 POWTEX TOKYO 2012」
◆テーマ :この一粒・・・夢をかたちに─粉の技術─
◆会期  :2012年11月28日(水)~30日(金) 10時~18時(最終日は17時まで)
◆会場  :東京ビッグサイト[東京国際展示場]
      東1・2・3ホールおよび会議棟
◆主催  :一般社団法人日本粉体工業技術協会
◆後援  :農林水産省/文部科学省/環境省/
      独立行政法人産業技術総合研究所/
      独立行政法人労働安全衛生総合研究所/
      独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
◆開催規模:283社・団体 1,002小間(10月31日現在)
◆入場料 :1,000円
      (インターネット来場事前登録者・招待券持参者・学生は無料)

@Press

トピックスRSS

ランキング