長崎に複合型マンション「ヴィラ・コモン南山手」建設 ~児童保育+障がい者就労支援+高齢者介護を目指す「長崎きずなプロジェクト」~

@Press / 2012年10月31日 17時0分

「ヴィラ・コモン南山手」外観
株式会社池田設計(所在地:長崎県長崎市、代表取締役:池田 賢一)は、提案する「長崎きずなプロジェクト」の分譲マンション「ヴィラ・コモン南山手」が長崎市内有数の観光地、長崎港を一望できるグラバー園近くに建設される事を発表します。
立地的には、世界遺産候補地内にあり、国宝大浦天主堂まで徒歩2分の立地場所で疎外感を受けない観光地の真ん中に高齢者専用マンションを分譲します。近くには、市民病院もあり、医療的にも安心して生活できる地区にあります。

4階建ての総戸数は24戸。高齢者専用分譲住宅となっており、65歳以上の方を居住対象としています。「ヴィラ・コモン南山手」は日本建築学会賞、吉岡賞、JIA新人賞など受賞歴が多数ある千葉学氏の設計であり、歴史ある南山手での洗練された空間かつ格式の高い生活を楽しめます。

価格は1,600万~3,900万円。来年2月の完成予定です。

なおこの事業は、子供、高齢者、障がい者が都市の中心部で共存するコンセプトが認められ、国土交通省より平成23年度第1回 高齢者・障がい者・子育て世帯居住安定化推進事業に選定されています。


【概要と主な特徴】
「ヴィラ・コモン南山手」は高齢者介護、障がい者福祉、障がいのある児童向け保育の3つの機能を備えています。高齢の居住者には、専門業者が介護サービスなどを提供し、日常の細かな相談に乗るコンシェルジュサービスなどがあり、基本費用は共益費に含まれます。

1階には障がいがある児童向けの保育施設と、障がい者が働くレストランを設置しており、入居者をはじめ観光客の一休みとしてもご利用いただけます。そこでは、長崎が誇る枇杷を使ったメニューを楽しめ、お土産品の購入もできます。いずれも社会福祉法人の出島福祉村(長崎市)が運営し、子育て世代の支援や障がい者の就労支援につなげます。レストランは希望により、マンション居住者にも食事を提供できます。

2~4階の住居部分ではスタイルに合わせた4タイプの間取りをご用意しました。すべての部屋からテラス越しに長崎港を一望でき、リゾート気分に浸れる空間となっております。

手すりの設置や段差のない床など、安全面に配慮した設計のバリアフリーデザインはもちろんのこと、冬でもあたたかく快適に過ごせる床暖房の標準装備、車椅子に対応したトイレ、洗面台など細部にもこだわっています。また、24時間オンラインにより、「侵入」「火災」「救急」「非常」の際に皆様の安全を見守るセコムが安全と安心な生活をサポートします。


【会社概要】
名称 :株式会社池田設計
所在地:〒852-8106 長崎県長崎市岩川町2番3号
代表者:代表取締役 池田 賢一
創立 :1947年
資本金:10,000,000円

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「ヴィラ・コモン南山手」間取り例

@Press

トピックスRSS

ランキング