エルザジャパン、Fusion ioFXの販売を開始 ~ ワークステーション向け高速IOデバイス、ioFXにより、新次元の高パフォーマンスを提供 ~

@Press / 2012年10月31日 18時0分

Fusion ioFX 1
コンピューターグラフィックスソリューションを展開しているリーディングカンパニー、エルザジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:世古口 誠)は本日、Fusion-io社(本社:米国ユタ州ソルトレイク市、最高経営責任者:デイビッド・フリン)のテクノロジーアライアンスパートナーとして、ioFXの正規国内取り扱いを開始致しました。

Fusion ioFXは、Fusion-io社が培ったioMemoryプラットフォームによる高い信頼性能をそのままにワークステーション向けとして開発された高速IOデバイスです。

420GBの大容量と読み込み速度1.4GB/sec、書込み速度700MB/secの高速IOをPCI Express 2.0 x4スロット(物理的にはx8スロット)の高帯域によって実現し、高解像度ビデオデータの再生、ビデオ編集、コンポジットエンコーディングトランスコーディングといった大規模データを扱うコンテンツ制作環境において、新次元のハイパフォーマンスを提供します。
Windows、Linuxに加えMacOSまでサポートし、LowProfileサイズに準拠した基盤サイズによりワークステーションからApple Mac Proへ搭載させることができます。


■製品仕様
容量             :420GB
NANDメモリ種類        :QDP MLC
帯域幅(1MB)          :1.4GB/s(Read)
               :700MB/s(Write)
アクセスレイテンシ      :42μs
形状             :ハーフハイト/ハーフレングス
バスインターフェイス     :PCI Express 2.0 x4
                (但し、物理的にはx8のスロットが必要)
マネージメントソフトウェア  :ioSphere
サポートOS          :Windows Server 64-Bit
                Windows 7 64-Bit、
                MAC OSX
                Linux 64-Bit
消費電力           :24W
主な推奨アプリケーションリスト:Adobe
                 Photoshop
                 Premiere Pro
                 After Effects
                 Speedgrade
                Autodesk
                 3dsmax/Maya/Softimage
                 Smoke
                 Flame
                 Mudbox
                ASSIMILATE
                 Scratch
                Thinkbox Software
                 Krakatoa
                The Foundry
                 Katana
                 Hiero
                 Nuke
                 Mari

Fusion ioFXの詳細はこちらのウェブページをご確認ください。
http://www.elsa-jp.co.jp/products/storage/iofx/index.html


■株式会社エルザジャパンについて
1997年12月26日に設立。2002年07月、テクノロジー・ジョイント株式会社(取締役会長の鉛谷 貞治郎が1997年6月に設立)の100%子会社となる。代表取締役社長は世古口 誠。エルザ ジャパンは、プロフェッショナル及びコンシューマ向け3次元グラフィックスボード、ならびにマルチメディア関連製品の販売、サポートのほか、CAD/DCC/VR及びゲーム等を扱う各種ISVベンダーとのリレーション構築を積極的に展開しています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

Fusion ioFX 2

@Press

トピックスRSS

ランキング