震災以後、前年比2.3倍の売上を記録した天然素材「ウールカーペット」 カーテンじゅうたん王国、全店でプレミアムウールコーナーを展開

@Press / 2012年11月6日 10時0分

ウール敷き詰めカーペット「プリーマIV」
 カーテン、じゅうたんの専門チェーンストアを展開している株式会社カーテン・じゅうたん王国(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼社長:山本 敞政)は、「冬暖かく、夏涼しく、経済的な天然素材」として「ウールカーペット」の販売を強化いたします。敷詰めカーペットを24アイテムに拡大するのをはじめ、輸入柄物カーペットもラインナップに加え、信頼のウールマーク商品や英国羊毛、ラムウール等、バリエーション豊富に充実のサイズをご用意し、各店でPREMIUM WOOL(プレミアムウール)コーナーを展開します。

<店舗紹介URL>
http://www.oukoku.co.jp/shop_list/index.php


■震災後の節電意識の高まりから対前年237.8%の売り上げ
 今年は冬の防寒と節電需要にプレミアムウールコーナーを展開

 カーテンじゅうたん王国では天然素材「ウールカーペット」の特性を説明し、2012年上半期は震災後の節電需要から対前年237.8%の売上を記録しました。
 寒さの厳しい冬も消費者の節電意識は高く、保温効果の高い「ウールカーペット」の需要は高いと見られ、各店でPREMIUM WOOLコーナーを展開します。敷詰めタイプのアイテム数を24アイテムに拡大するのをはじめ、輸入柄物カーペットを追加し、信頼のウールマーク商品や、英国羊毛・ラムウール等の豊富なバリエーションに加え、サイズも3帖サイズから最大12帖サイズまで取り揃えるなど、ほとんどの家庭に対応する品揃えが魅力です。


■優れた断熱・保温効果でオールシーズン経済的な「ウールカーペット」!
 「冬は暖かく、夏は涼しく」を実現

 「ウール」が暖かいのは「ウール」自体の熱伝導率が他の繊維より低いからです。
 カーペットに使われる素材の中でもウールは0.9%、ポリエステル5.0%、ナイロン5.5%と、熱の伝導率がダントツに低いため、「冬は暖かく、夏は涼しく」オールシーズン向けのカーペットとして注目を浴びています。
 これはクリンプと呼ばれる1本1本の縮れた繊維が60%もの空気を含んでおり、この空気の層が断熱材となって冬は外からの寒気を断ち、室内の暖かさを逃がさず、逆に夏はエアコンの冷たい空気を大量に含めることにより、エアコンを切っても温度の上昇を遅らす事ができるため、オールシーズン節電向けとしてお奨めです。


■優れた吸湿性、湿気を吸っても表面はいつも“さらさら”

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング