世界初!iPhone 5対応、玄米せんべいを使用した災害時に食べられるおしゃれなケースを発売!

@Press / 2012年11月5日 10時30分

サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース 着用例
「まじめに、おいしいものをお届けする」をモットーとして、100%山口県の玄米と塩のみを原料にお煎餅づくりを行っている株式会社楽喜(本社:山口県美祢市美東町真名454-1、代表取締役社長:吉田 龍司)は、新商品「サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818」のインターネット上での通信販売を11月上旬よりスタートいたします。

(URL: http://ikiiki-ys.com/SV3818.html )


このiPhone 5ケースの特徴はなんと言っても、安心して食べられること。
災害時や空腹時など“イザ”というときの心強い味方です。
また、忘年会シーズンの罰ゲームでの“iPhoneケース食べます”などの盛上げツールや“なんちゃってクリスマスプレゼント”としてもおすすめです。


【発売の背景】
災害時には精神的ショックや集団生活など普段と違った環境によって、ストレスが多くなり、それらが身体への不調をきたすと言われています。ストレスを軽減する栄養素としては、ビタミンやミネラルなどがよいとされています。
また主食にはカリウムや鉄分、亜鉛などのミネラル類や、炭水化物を体内でエネルギーに変えるのに不可欠なビタミンB1を含んでいる玄米を食べることが、健康によいと言われています。

このような現状を踏まえ様々な取り組みを経て、山口県の米と塩だけで創り出す、全てにこだわった究極の玄米煎餅の開発に成功しました。
先月、このiPhone 5ケースの材料でありますサバイバルせんべいの発売をお知らせしたところ、大きな反響があり、全国の皆様に商品をご購入いただきました。

そんなお客様の声から、「サバイバルせんべいなのだから、もっと、身近に持っていたい」という声がたくさん届きました。そんなお客様の声に答えて、イザというときに幅広い世代に、頼りになるモノは何か?緊急時に皆様が持っているものは何か?それは携帯電話やスマートフォンではないか?という点に着目しました。
そして研究に研究を重ねながら、先日のiPhone 5の発売以来、制作・販売準備を進めておりました。

たとえどのような事態・災害の時も、将来のある子どもたちのため私達は何としても生き残るんだという強い想いを持たなければいけない。iPhone 5と一緒に当製品を手にした際、そういった気持ちになっていただける素敵な食べられるデザインケースを目指しました。


【製品の特徴】
今回発売する食べられるiPhone 5ケース「SV3818シリーズ」」はファッション性に富んだスタイリッシュなケースです。
機能的にも充実しており、保護ケースとしても、ファッションアクセサリーとしても、iPhone 5をより魅力的に引き立てます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング