東芝ソリューション、ノーチラス・テクノロジーズと協業し基幹バッチ処理高速化サービス提供開始

@Press / 2012年11月5日 11時0分

 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:河井 信三、以下 東芝ソリューション)は、株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神林 飛志、以下 ノーチラス・テクノロジーズ)と協業し、Hadoop、Asakusa Framework(TM)※1によるバッチ処理高速化サービスの提供を開始いたします。


 近年、企業システムにおいては急速なコンピュータハードウェア、ソフトウェアの性能向上に伴い、主にオンラインシステムのパフォーマンスは向上してきました。しかしバックエンドでは、主に日次月次で夜間に長時間実行されるバッチ処理が多数存在しており、多くの場合、十数年来にわたり取り残されてきています。一方、ビジネスにおいては市場の変化に対して迅速かつきめ細かい対応が必須となっており、管理対象となるデータの粒度はより細分化されています。結果として処理対象のデータ量は増大し、従来の仕組みでは性能面、コスト面において対応が著しく難しくなってきています。
 東芝ソリューションでは、Hadoopの並列分散処理能力と基幹バッチ開発を行うためのフレームワークとしてのAsakusa Framework(TM)に着目し、東芝ソリューションの生産技術センターを中心に検証をすすめてきました。その結果としてHadoopとAsakusa Framework(TM)で高品質かつ高性能なバッチアプリケーションの開発が可能であることを確認しました。今後、フラッシュアレイストレージと組み合わせていくことで、さらに高速な処理を実現していきます。

 東芝ソリューションは、ノーチラス・テクノロジーズと協力しAsakusa Framework(TM)を活用して東芝ソリューションが強みとする各業種向けのシステム構築ノウハウに基づいて、バッチシステムの設計―構築―保守/運用までトータルにサービスを提供することで、お客様のバックエンドシステムの課題解決を支援します。
 11月8日(木)、9日(金)に、ホテル グランパシフィック LE DAIBA(東京・台場)にて開催される「東芝ソリューショングループフェア2012」でその内容を展示いたします。また、バッチアプリケーションの高速化に威力を発揮するフラッシュアレイストレージも同時に出展いたします。


■ご提供サービスの概要
・コンサルティングサービス:Asakusa Framework(TM)適用アセスメント
・方式検証・検討サービス :PoC※2の実施、パイロットプログラム開発および実装方式検討など
・システム構築サービス  :Hadoop、Asakusa Framework(TM)を使用してのバッチ処理システムの設計から構築
・システム保守運用サービス:Hadoop、Asakusa Framework(TM)を使用したバッチ処理システムの保守運用

@Press

トピックスRSS

ランキング