京都精華大学 2013年4月新設「ポピュラーカルチャー学部」  <客員教授>細野晴臣氏、ピエール・バルー氏から教員就任メッセージ― 音楽を志す若者たちへ ―

@Press / 2012年11月2日 16時0分

細野晴臣氏
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:坪内 成晃)は、2013年4月、音楽とファッションの2コースからなる「ポピュラーカルチャー学部」を開設します。

細野晴臣氏、ピエール・バルー氏、藤原ヒロシ氏らをはじめとする客員教授ほか、佐久間正英氏、近田春夫氏、Bose氏[スチャダラパー]、柳田剛氏、山縣良和氏、西谷真理子氏らの教員就任が決定。

この度、客員教授に就任する細野晴臣氏とピエール・バルー氏から、教員就任にあたって音楽を志す若者たちに向けたメッセージが届きました。ポピュラーカルチャー学部特設サイトでは、メッセージとともに、自身と音楽との関わりについて語ったインタビューを公開しています。


1.ポピュラーカルチャー学部客員教員について

■細野晴臣(Hosono Haruomi) ミュージシャン
1947年、東京都生まれ。69年、ロックバンド「エイプリル・フール」のベーシストとしてメジャーデビューし、同年に大瀧詠一、松本隆、鈴木茂と「はっぴいえんど」を結成。日本語ロックの先駆者として旋風を巻き起こし、73年の解散後は、高橋幸宏、坂本龍一と結成したイエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O)で活躍。自身のレーベルを立ち上げてプロデュース活動を行い、数々の名バンド、名曲を世に送り出してきた。2008年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。11年には『くるり×細野晴臣 東北ツアー』を行い、ソロアルバム『HoSoNoVa』を発表するなど、音楽シーンで幅広い活躍を続けている。


▼就任コメント:
みなさんのDNAに刻み込まれた、音楽に対するセンスや好みを掘り起こす手伝いをしたいですね。外ばかりみていても、自分の内側に目を向けなければ、新しい発見はありません。たとえば、過去の楽曲に触れることで自分のなかの鍵が開く瞬間がある。これは、ギターを弾いたり、ピアノを弾いたりする次元とは違う、音楽の楽しみのひとつです。けれど、自分の可能性を広げてくれる楽曲たちも、アクセスするきっかけがなければ、知らないままに終わってしまう。ぼくはその“きっかけ”をみなさんのところにもって行きます。「感じやすい心」をもって講義にきてください。

・インタビュー掲載ページ
http://www.kyoto-seika.ac.jp/popularculture/interview/hosonoharuomi.html


■ピエール・バルー(Pierre Barouh) 音楽家 俳優 映画監督
1934年、フランス、パリ生まれ。音楽家、俳優、映画監督など幅広い領域で活躍。主宰するヨーロッパ最古のインディペンデント・レーベル「サラヴァ(Saravah)」ではブラジルのミュージシャンを数多く紹介しフランスにボサノヴァブームを生み出した。映画『男と女』では出演に加え同名の主題歌で作詞と歌を担当し、世界的ヒットとなった。坂本龍一や高橋幸宏などの国内ミュージシャンとも楽曲提供などを通じて親交が深い。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング