ユビキタス社の組込みデータベース『DeviceSQL』および高速起動『QuickBoot』 パイオニアのワイヤレスDJシステム「XDJ-AERO」に採用

@Press / 2012年11月8日 11時30分

「XDJ-AERO」本体写真
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原 寛司、以下 ユビキタス社)は、パイオニア株式会社(以下 パイオニア)が2012年8月9日に発表した新製品、ホームDJ向けワイヤレス DJシステム「XDJ-AERO」の本体および音楽管理ソフトウェア「rekordbox(TM)」のMac版、Windows版、iPhone版、そしてAndroid版に、ユビキタス社の組込みデータベース『Ubiquitous DeviceSQL(デバイスエスキューエル)』が、また「XDJ-AERO」本体には、高速起動ソリューション『Ubiquitous QuickBoot(クイックブート)』が採用・搭載されたことを発表します。

DJ/CLUB機器の世界的ブランドであるパイオニア様から発売された「XDJ-AERO」は、業界初※1となるスマートフォンやタブレット、PCなどの楽曲やプレイリストをWi-Fi経由で送信し、ワイヤレスでのDJプレイを可能にしていることが大きな特徴です。この新機能のため、従来の機器本体で『DeviceSQL』が持つ超高速な検索機能が実現していた音楽ファイル情報管理・プレイデータ管理・検索機能を、スマートフォンやタブレットなどのAndroidやiOSといった異なるOS環境のデバイスに展開する必要がありました。また、複数のデバイス間のデータ連携も大きな開発テーマとして検討されていました。
今回の機器連携機能の開発に当たり、「XDJ」本体に加えて、スマートフォンやタブレット、PC向けの楽曲管理ソフトである「rekordbox(TM)」に『DeviceSQL』の採用を拡大することによって、従来の開発資産を流用しつつ、シームレスなデータ連携を実現し、楽曲データやプレイリストを機器間で一元管理することができ、新機能の実現に大きく貢献しました。

また、「XDJ-AERO」本体には『QuickBoot』も合わせて搭載されており、ストレスのない起動時間を実現し、ユビキタスの技術が、その高度な機能のみならず、使い勝手の良さにも貢献しています。


■「XDJ-AERO」本体写真
http://www.atpress.ne.jp/releases/31281/1_1.jpg

■「rekordbox(TM)」Android版スクリーンキャプチャ
http://www.atpress.ne.jp/releases/31281/2_2.png
http://www.atpress.ne.jp/releases/31281/3_3.png

@Press

トピックスRSS

ランキング