株式会社コプラス企画のコーポラティブハウス「北沢ハウス」2012年10月下旬竣工

@Press / 2012年11月7日 11時0分

イメージ
住まい手自らが住まいづくりの中心となり、建設組合方式でつくる集合住宅であるコーポラティブハウスを数多く手掛ける株式会社コプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青木 直之)は、当社が企画・設計・コーディネイトを手掛けた「北沢ハウス」が2012年10月下旬に竣工しましたことを発表いたします。

世田谷区北沢3丁目という利便性と良好な住環境を兼備えたエリアで、長屋方式を取り入れ、戸建て感覚で住まう全戸角部屋の11住戸が完成いたしました。


【北沢ハウス(募集時仮称:北沢コーポラティブハウス)】
「都心近接+シモキタ+カドベヤ」がコンセプト
~希少性の高い下北沢エリアに自由設計で戸建て感覚の住まい~

本プロジェクトの立地は、小田急線「東北沢」駅徒歩3分、小田急線・井の頭線「下北沢」駅より徒歩9分の世田谷区北沢3丁目。ファッションやグルメの街として、また商業地としての魅力を持つ下北沢で、閑静な住宅街の一角に位置する希少エリアです。
外観は、北沢の閑静な街並みになじむ、白を基調としたシンプルなデザイン。
建物の配当計画は、都心の住宅特有の「囲われ感」を解消するため、建ぺい率50%にこだわり、光や風を出来るだけ敷地内に取り込めるよう、戸建て感覚の配当を目指しました。また、緑の演出として、グリーンウォールに加え、路地や中庭などの視線の抜けるポイントにはアイストップとしてシンボルツリーを植え、癒しの空間を生み出しました。低層住宅だからこそ感じられる土のにおいや緑の香り、コミュニティとともに成長し、四季を通じて変化を楽しめる計画としました。

全住戸の壁の約72%を外壁とし、開口部設置時の制約を極力減らし、自由設計により豊かなプランニングの可能性をプラス。照明いらずの明るい玄関やサニタリー、心地良く風邪の通り抜けるリビングを実現しています。


【物件概要】
北沢ハウス(募集時仮称:北沢コーポラティブハウス)
住所      :東京都世田谷区北沢3-5-18(住居表示)
交通      :小田急線「東北沢」駅徒歩3分、
         小田急線・井の頭線「下北沢」駅徒歩9分
用途地域    :第一種中高層住居専用地域
建ぺい率・容積率:60%・200%
敷地面積    :562.40m2
建築面積    :280.85m2
延床面積    :865.35m2
専有面積    :70.17m2~87.71m2
構造・規模   :RC構造・地下1階地上3階
総戸数     :11戸
駐輪場     :18台
バイク置場   :1台
募集時期    :平成23年2月
全体設計・監理 :株式会社コプラス
施工      :株式会社興建社
住戸設計    :株式会社S&Tファイブステージ設計事務所
コーディネイト :株式会社コプラス

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング