プライベートCA Gleas、MDMソリューション「AirWatch」に対応 ~ AirWatchが管理するiOSデバイスにクライアント証明書の自動配布が可能に ~

@Press / 2012年11月12日 10時0分

AirWatch、Gleas対応図
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田 公介、以下 JS3)の開発・販売するプライベート認証局「プライベートCA Gleas(以下 Gleas)」は、株式会社データコントロール(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:原 健人、以下 データコントロール)が販売するモバイルデバイスマネージメント(MDM)ソリューション「AirWatch」に対応したことを発表します。

AirWatchは、スマートフォン・タブレットなどのスマートデバイスを安全に業務で活用するために必要となる情報漏洩リスク管理や、業務上不都合なアプリケーションの制御などを統合的に管理するソリューションとなります。AirWatchを導入することにより、業務で利用しているPCと同等レベルのスマートデバイス管理、企業のセキュリティポリシーに基づいた利用の徹底、デバイス紛失時の情報漏洩対策および運用負荷を軽減するアプリケーション配布などの実現が可能となります。

今回、GleasがAirWatchに対応することにより、Gleasから発行するクライアント証明書をAirWatchが管理するiOSに自動配布することが可能となります。今回検証を実施したiOSは、AirWatchからの指示を受け、秘密鍵を自ら生成してGleasに証明書の発行依頼、発行後の格納を直接かつ自動的に行うことができますので、安全・簡便な運用が可能となります。これにより、GleasとAirWatchを利用するお客様は、AirWatchによるiOSデバイスの統合的な管理に加え、社内へのリモートアクセスや無線LANなどにおいてクライアント証明書によるデバイス認証を利用できますので、スマートデバイスのライフサイクルに応じた効果的な運用と効率的な集中管理を実現いただけます。


JS3は、本ソリューションの販売開始に合わせ、設定例をまとめたホワイトペーパーとパンフレットを以下のURLから提供します。

【ホワイトペーパー】
http://www.jcch-sss.com/service/products/2012/11/airwatch
【パンフレット】
http://www.jcch-sss.com/images/catalog-airwatch.pdf

また、12月5日(水)に開催するセミナーにおいて、今回の対応内容の紹介およびデモンストレーションを行います。

@Press

トピックスRSS

ランキング