【新刊】『「もっと時計を見る」と健康になる』~体内時計が狂うと百病が噴出する健康長寿のカギは「何をやるか」ではなく「いつやるか」~

@Press / 2012年11月15日 9時30分

『「もっと時計を見る」と健康になる』表紙
株式会社マキノ出版はこの度、新刊『「もっと時計を見る」と健康になる』が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。


【臨床例をまじえ、「生体リズム」についてわかりやすく解説】
最近、「時計遺伝子」「時間医学」といった言葉を、ニュースや新聞で目にするようになりました。しかし、その具体的な内容をわかりやすく解説し、実生活に活用する方法を紹介した本は今までありませんでした。

著者の大塚 邦明先生は、「時間医学」研究の第一人者であり、内科外来で患者さんの診察にあたる医師でもあります。本書は、大塚先生の研究グループが蓄積したデータをはじめ、国内外の最新研究、患者さんの臨床例などを紹介しながら、「生体リズム」について、わかりやすく解説しています。

「血圧が気になる人が塩分をとるなら、いつがいいか?」「ランニングは朝と夕方、どちらにするべきか?」「太りにくい体質をつくるための朝の習慣とは?」といった身近な話題が豊富に収載されているので、読んだ内容をすぐに日常生活に取り入れることができます。

病院で処方される薬も、飲む時刻で効き目が劇的に変化するといい、本書では病気別に詳しく紹介しています。


【書籍概要】
書名 :『「もっと時計を見る」と健康になる』
著者 :大塚 邦明(東京女子医科大学教授)
判形 :四六判、本文232ページ、カバー付き
定価 :1,400円(税込)
発行日:2012年11月15日
発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング