インターネット申込サービス『富士生命ダイレクト』を開始 ~ AIGの日本の保険事業における唯一の生命保険会社である富士生命の新たな取組み ~

@Press / 2012年11月15日 13時0分

富士生命ダイレクト イメージ
 富士生命保険株式会社(以下、富士生命 代表取締役会長兼CEO:戸國 靖器)は、2012年11月15日より生命保険のインターネット申込サービス『富士生命ダイレクト』を開始しました。本サービスの開始により、お客さまが、24時間(*1)いつでもご都合のいい時間に保険をお申し込みいただける環境を提供いたします。
(*1) 一部メンテナンス時間を除きます。

『富士生命ダイレクト』 http://www.aig-fuji-life.com/


 『富士生命ダイレクト』では、2010年の発売から約16万件のご契約をいただいている好評のがん保険「がんベスト・ゴールド」を中心に、シンプルな保障でわかりやすい医療保険「ゴールドメディ」と、高額となる場合がある介護費用を一時金で準備できる介護保険「愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない保険」を提供いたします。生命保険会社のインターネット申込完結サイトで介護保険を取り扱うのは、『富士生命ダイレクト』が国内初(*2)となります。また、『富士生命ダイレクト』においては、月々の保険料が1,000円台のプラン(*3)等バラエティに富む保険を提供いたします。なお、取り扱い商品については、今後、順次拡大してまいります。
(*2) 当社調べ(2012年11月)
(*3) 年齢や性別によって一部例外もあります。


 『富士生命ダイレクト』では、以下3商品を提供いたします。(サービス開始時点)
■がんベスト・ゴールド
 無解約返戻金型がん療養保険(10)[無配当]
■ゴールドメディ
 無解約返戻金型医療保険(08)[無配当]
■愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない保険
 無解約返戻金型介護認定一時金給付保険(11)[無配当]


 富士生命では設立以来、お客さまと対面で保険募集を行う代理店を主な販路に事業を展開してまいりました。この度、『富士生命ダイレクト』を開始したことで、インターネットを通じて頻繁にショッピングをされるお客さまや、保険の契約においてもウェブサイトに掲載される内容をもとにご自身で契約手続きをしたいと要望されるお客さま層に対しても、富士生命の保険商品を案内することができるようになりました。

 『富士生命ダイレクト』による新たな販売チャネルと、主要販路である既存の対面募集の販売チャネルとの相互のシナジー効果で、一人でも多くのお客さまにご契約いただくことを目指します。富士生命は、これからも他社にはないユニークなオンリーワンの保険商品とサービスを提供することに努め、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の日本の保険事業における唯一の生命保険会社として、より幅広い層のお客さまからご支持をいただけるよう取り組んでまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング