「TV電話形式のオンライン語学レッスン利用実態調査」語学関心層での利用率は3.1%で、大半が未体験

@Press / 2012年11月14日 9時30分

オンライン語学レッスンを実際体験した割合
日本で初めてSkype(スカイプ)を使ったオンライン英会話サービスを開始し、現在、英語、フランス語、アラビア語など20ヵ国語のオンライン語学レッスンを提供している株式会社イーコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表:成田 勝行)は、ポータルサイトgoo会員を対象に、近年サービス事業者の参入が相次ぎ、新しい語学学習法として注目されているオンライン語学(主として、オンライン英会話)学習サービスの利用満足度調査を行い集計しました。


■調査対象者および目的
パソコンインターネットユーザーの中で「語学の上達に関心がある、または語学の勉強をしたいと思っている」と答えた男女350名(20代から60代)を対象。TV電話形式のオンライン語学学習サービスの利用割合と、利用者満足度調査。


■調査票項目
A.一度でも、TV電話形式のオンライン語学レッスンを体験したことがありますか?
B.実際、語学学習にオンラインレッスンを使ってみての感想は?


■調査結果
A.一度でも、TV電話形式のオンライン語学レッスンを体験したことがありますか?
・ある…3.1%
・ない…96.9%

http://www.atpress.ne.jp/releases/31473/1_1.png

・「ない」と答えた人に、未体験の理由を聞いたところ、「興味はあるけれど、機会がなかった」(42.1%)、「必要性、興味を感じない」(19.7%)、その他理由(38.2%)となっており、現状、オンライン語学レッスンへの興味の高さはあるが、機会を逸している状況がわかります。


B.実際、語学学習にオンラインレッスンを使ってみての感想は?
・とても満足…9.1%
・やや満足…18.2%
・やや不満…36.4%
・とても不満…18.2%
・まだよくわからない…18.2%

http://www.atpress.ne.jp/releases/31473/2_2.png

「とても満足」「やや満足」をあわせた、「満足」の割合は27.3%。「やや不満」、「とても不満」をあわせた、「不満」の割合は、54.6%でした。
満足の理由として、「面白い。」「普通の語学学校よりも断然いい。」「格安で予約の融通も聞くので」といった声がある反面、不満と回答した人からの理由には下記のようなものが挙げられていました。

「オンラインに問題があったのではなく、オンラインレッスン講師に問題がありました。」
「講師の発音が気になった。」
「外国人教師の質がわるい」
「思っていたのと違っていた。」
「ヴァーチャルな環境ではモチベーションが上がらない」
「自分の欲するメニューではなかったから。」
「聞き取りづらい」

@Press

トピックスRSS

ランキング