湘南に建てる“パッシブデザイン”の注文集合住宅 『逗子銀座エコパッシブハウス』&『鎌倉コーポラティブハウス』参加者募集中

@Press / 2012年11月14日 12時0分

建築例
 湘南エリアでのコーポラティブハウスご紹介サイト『暮らす湘南』を運営する株式会社SHONAN・デザインシステム(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:福田 徹)では、現在、逗子と鎌倉にて2つの注文集合住宅『逗子銀座エコパッシブハウス』『鎌倉コーポラティブハウス』プロジェクトを進行中です。
これらのプロジェクトの大きな特徴は、太陽や風といった自然を身近に感じる“パッシブデザイン”を採用していること。「冬暖かく、夏涼しい家」をエアコンに頼らずに実現します。

『暮らす湘南』 http://shonanstyle.com


■“パッシブデザイン”とは?
 暮らしの中で感じる「暑さ」「寒さ」。これらをコントロールして快適空間をつくるには冷房・暖房に頼ってしまうことがほとんどです。
 “パッシブデザイン”とは、冷房・暖房をできるだけ使わずに、自然の風や太陽光などを上手に利用して、快適空間をつくるという考え方です。
 間取り、窓の位置、建物の配置、植栽などをトータルで考え、自然の恵みを最大限に取り入れた心と体にやさしい住まいをつくります。

たとえば…
・敷地内に中庭をつくる
 →冷気の溜まり場ができ、夏は室温を下げるのに役立つ
・窓の外に落葉樹を植える
 →葉が茂る夏は太陽光を遮り、葉が落ちる冬は太陽光を部屋に取り込める
・屋上に菜園をつくる
 →土や植物を入れることで夏の室温上昇を軽減する
など、さまざまな工夫が考えられます。

 当社では、“パッシブデザイン”を時代にぴったり合った住まい方ととらえ、各プロジェクトで積極的に採用しています。
 そして、“パッシブデザイン”の認知度を高めていき、“本当にいい住まい”をひとりでも多くの方にご提供したいと考え、随時“パッシブデザイン”のオリエンテーションも開催しています。


■逗子と鎌倉。人気エリアでパッシブデザインプロジェクトが進行中
 湘南にて進行中プロジェクト『逗子銀座エコパッシブハウス』と『鎌倉コーポラティブハウス』でも、この“パッシブデザイン”を採用。電気や化石燃料に頼らずに快適で健やかな暮らし、時代にぴったり合った住まいのあり方をご提案しています。
 『逗子銀座エコパッシブハウス』は、JR逗子駅から徒歩3分。『鎌倉コーポラティブハウス』は、JR鎌倉駅から徒歩10分。どちらも通勤や通学に便利な場所でありながらも、湘南ならではの趣を実感できるシチュエーションです。
建築方法は、今、注目されている「コーポラティブスタイル」。マンションや 建売住宅のように分譲会社がつくるものを買うのではなく、複数人が集まって大きめの土地を購入し、そこに注文集合住宅を建てるという新しい住まい方です。自由な設計ができる、プライバシーが守られるといった戸建感覚を保ちながら、居住者どうしのコミュニケーションを深めることもできるこの方法。あたたかで、安心で、安全。そんな毎日を創造します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング