【開催迫る】11月28日(水)「第22回 JTF翻訳祭」のご案内 翻訳発注企業・翻訳会社・翻訳者・翻訳ソフトメーカーが一堂に会する国内最大規模の翻訳フェスタ!

@Press / 2012年11月14日 17時30分

一般社団法人日本翻訳連盟(JTF)(所在地:東京都中央区、会長:東 郁男)は、11月28日(水)に翻訳業界最大規模のイベントである「JTF翻訳祭」を東京のアルカディア市ヶ谷において開催します。

イベントサイトURL: http://www.jtf.jp/jp/festival/festival_top.html


■「第22回 JTF翻訳祭」のプログラム概要
全体テーマ:「ゴールを見据えて ~原点回帰とイノベーション~」
日時   :2012年11月28日(水) 9:30~20:30(開場・展示会開始9:00)
場所   :「アルカディア市ヶ谷(私学会館)」
来場者数 :700名(見込み) ※前年度744名
申込締切 :2012年11月21日(水)まで ※当日受付も実施予定
主催   :一般社団法人日本翻訳連盟(JTF)
運営   :第22回JTF翻訳祭企画実行委員会
後援   :経済産業省、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、
      日本翻訳者協会(JAT)ほか

翻訳祭は翻訳者、翻訳会社、クライアント、翻訳支援ツールメーカーなど業界関係者が一堂に会する国内最大規模の翻訳フェスタです。22回目を迎える今年のJTF翻訳祭は、従来の規模を超え、合計30の翻訳専門セッションの開催を計画しております。セッションとあわせて展示会、交流パーティーも開催します。参加者の皆様に、翻訳祭を通して新たな人脈形成やビジネス機会が生まれることを願っております。
翻訳祭に是非ともご出席賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


■「第22回 JTF翻訳祭」の全体テーマ
「ゴールを見据えて ~原点回帰とイノベーション~」
現在、産業翻訳業界を取り巻く環境は確実に変化しています。クライアント企業のコスト管理の厳格化、翻訳作業におけるさまざまな翻訳支援ツール・翻訳ソフトの活用による納期の短縮化など、翻訳者、翻訳会社は現在の市場の中で厳しい競争環境に晒されています。ソースクライアント側の要望はこれまで以上に複雑多岐になり、コスト、納期面で厳しい要求があることも事実ですが、一方では、高品質の「素晴らしい、翻訳」が要求されながら単価も低下していない市場が存在することも事実です。また、現在の市場以外にも多くのニーズが隠れているかもしれません。
我々が目指すところはいったいどこにあるのか? ほんとうの「翻訳」とは何か、翻訳の原点を再確認しながら、技術革新の進む中で次世代に向けての翻訳とはなにか、も合わせて考えていきます。


以下、講演プログラムの一部です。

<IT翻訳>
「IT業界における翻訳プロセス - (IBMの翻訳プロセスをベースとして)」
「機械翻訳を組み込んだ翻訳工程の最適化」
「オンライン翻訳の経営戦略と今後の展開」

<メディカル翻訳>
「製薬会社での翻訳の実情と課題」
「あなたがつくる医学翻訳の未来:Prescription for Survival」

<海外進出>
「伸びるアジア市場において翻訳の潜在需要を読む」
「翻訳ビジネスの海外展開におけるチャンスとリスク」
「多言語翻訳の品質確保について」

◎プログラム詳細
http://www.jtf.jp/jp/festival/festival_program.html

◎第22回JTF翻訳祭の公式パンフレットデータ(PDF)
http://www.jtf.jp/jp/festival/pdf/festival2012.pdf

◎出展社一覧
http://www.jtf.jp/jp/festival/festival_program.html#plaza

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング