「小布施着物大使」に任命されるのは!?第二回 小布施着物コンテスト『和装流着』2013年2月24日(日)開催決定!

@Press / 2012年11月16日 9時30分

昨年度コンテストの様子
小布施着物コンテスト実行委員会(所在地:長野県小布施町、代表:山岸 裕始)は、小布施町に“着物を着て歩ける街”のイメージを定着させる目的として2011年11月に開催した小布施着物コンテスト『和装流着』の第二回目を、更なる町の発展のため2013年2月24日(日)に開催いたします。


【開催の背景・趣旨】
小布施町では「街並み修景事業」と称し、1980~87年に町で暮らす人の視点から、小布施堂界隈の町並みを美しく再構築しました。その景色はとても和の装いが似合い、建物というハード面では完成された街並みになりました。

小布施着物コンテスト『和装流着』は、「信州で一番着物が似合う町 小布施」をキャッチフレーズに「町を和装で歩く人を増やす」というソフト面で小布施の街並みをさらに美しくするために始めたコンテストとなります。

記念すべき第一回目は小布施総合公園野外ステージで行われ、大勢の観客でにぎわいました。コンテストで選ばれたグランプリ、準グランプリの方々には、「小布施着物大使」(昨年は「ミス小布施」)として着物姿で一年間、小布施のPR活動を行っていただきます。

今年度は「長野県発!元気づくり支援金事業」に内示をいただき事業を行うことになりました。
単なるコンテストとして終わらせるのではなく、経済・文化・人に刺激を与え、小布施町の継続的な発展を目指し、価値のある活動をして参ります。

コンテストの詳細につきましては、公式サイトにて随時発表いたします。
http://obuse-omc.net/contest/


【組織概要】
主催:小布施着物コンテスト実行委員会
共催:O.M.C(小布施まち創りクラスタ)、Project office Shareway
後援:長野県小布施町
   http://www.town.obuse.nagano.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

着物が似合う街並み

@Press

トピックスRSS

ランキング