ルームミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」を新発売

@Press / 2012年11月16日 14時0分

1
ビーウィズ株式会社(本社:佐賀県鳥栖市、代表取締役:中島 敏晴)は、2005年6月の発売以来、ハイエンドオーディオプレーヤーのリファレンス機としてご好評をいただいてまいりましたルームミラー型リニアPCMプレーヤー「Mirror Media MM-1」を約7年半ぶりに全面改良し、新たに「STATE MM-1D」として2013年2月1日より発売(2012年12月1日より受注開始)いたします。

なお、本製品はMLコネクター規格によるデジタル接続専用機で、旧「Mirror Media MM-1」との置き換え用、または当社製マルチプロセシングDACシステム「BEWITHSTATE」との接続に特化した仕様となっております。そのため、本製品は当面、全国のBEWITH製品取扱販売店の一部店舗から先行導入(製品展示および受注)することとし、一般的なオーディオ機器との接続に対応した新型インターフェースユニット付きの製品につきましては、2013年春に販売店舗を拡大のうえ追加発売する予定です。


【ルームミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」】
国内標準価格:21万円(税込)
発売予定日 :2013年2月1日(2012年12月1日受注開始)

※本製品にはインターフェースユニットを付属しておりません。ご使用にあたっては当社製「BEWITHSTATE」、またはスマートインターフェース(旧「Mirror Media MM-1」付属品)が別に必要です。本製品は単独で使用できません。


【「STATE MM-1D」 新製品概要】
今回発売する「STATE MM-1D」は、2005年6月の発売以来、約7年半に及ぶロングセラーを続けてきた旧「Mirror Media MM-1」のコンセプトを継承した次世代メモリーオーディオプレーヤーです。旧「Mirror Media MM-1」は、その圧倒的な高音質と斬新な製品コンセプトを幅広くご支持いただき、車載メモリーオーディオプレーヤーの先駆者として、またハイエンド・カーオーディオ界における代表的なソースユニットとして、長年にわたり高い評価を獲得してまいりました。

今回発売する「STATE MM-1D」は、旧「Mirror Media MM-1」および「BEWITHSTATE」のユーザーを対象に、再生フォーマットや接続規格などに完全な上位互換性を持たせながら、デバイスから筐体に至る90%以上(部品点数比)の構成部品を刷新。純度を極めた再生音、日本語表示に対応した高精細デジタルディスプレイ、オールマグネシウムボディの上質な手応えなど、ハイエンドオーディオプレーヤーのリファレンス機としての価値をさらなる高みに引き上げました。

@Press

トピックスRSS

ランキング