ウイングアークとデータセクション、ソーシャルメディア分析・活用で協業~ソーシャルメディアデータと企業内データをシームレスに分析~

@Press / 2012年11月16日 16時0分

 1stホールディングスグループのウイングアーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野 弘幸、以下 ウイングアーク)と、ソーシャルメディア上の声の分析を得意としてきたデータセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下 データセクション)は、ソーシャルメディアデータ分析・活用の推進で協業することを発表します。


 2012年の日本のソーシャルメディア人口は、5,060万人(前年比143%)と爆発的に増加しており、ソーシャルメディアデータ(Facebook,Twitter,blog等)の収集・分析・活用は、企業活動において欠かせない要素のひとつとなっております。

 データセクションは、先駆的にソーシャルメディアデータの収集・分析を2003年から実施・展開してきました。企業内データ(販売関連データ等)との連携にも積極的に取り組み、10億~15億件以上(日本最大)のソーシャルメディアデータ収集とノウハウを元に多くの実績があります。また、ソーシャルメディアに加え、慶応義塾大学SFC研究所との共同研究・各種研究機関との研究開発を実施し技術開発に取り組んできました。

 ウイングアークの「MotionBoard」は、膨大な情報をダイナミックに可視化する情報活用ダッシュボードです。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールとしてビッグデータへの対応や、スマートフォン・タブレット端末にも対応し、時間や場所を問わないタイムリーな意思決定をサポートします。

 データセクションが持つソーシャルメディアデータに各種データを組み合わせた分析結果と、企業内データをリアルタイムに集計・分析し、ビジュアル化できる「MotionBoard」を連携させることにより、ソーシャルメディアデータと企業内データを同時かつ高速に分析できる仕組みの提供を目指します。これにより、経営者はもとより現場担当者においても、より高精度で豊富な情報に基づいた意思決定を行えるようになります。


■データセクションのサービス実績
・『お客様からのアンケートデータ×ソーシャルメディアデータ』
ソーシャルメディアデータとクロスさせ市場分析における問題発掘を支援およびクチコミから商品開発・改善における消費者のニーズの発掘

・『ソーシャルメディアデータ×GRP(延べ視聴率)』
CMに関するソーシャルメディア上の話題量を測定・分析および効果的なCM出稿を行うためのソーシャルメディア視点での分析・検証を実施

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング