1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

次世代を担う両国のリーダーが日米関係について忌憚ない意見を交換 第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を無事終了

@Press / 2012年11月22日 16時0分

プログラム終了式にて
日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、協賛する第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム(2012年10月21日~28日)が、予定通りすべてのプログラムを終了したことをお知らせいたします。


ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムとは、ジョージタウン大学が特別に企画したエグゼクティブ教育プログラムで、ジョージタウン大学トップクラスの教授陣のみならず、政府や民間機関の一流実務経験者たちによる授業を提供するとともに、ワシントンDCおよびミシガン州グランドラピッズにおける実地研修、企業訪問の機会を提供するもの。今回は、県議会議員5名と報道関係者5名の計10名が参加。

*第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムの詳細については、【参考資料1、2】をご参照ください。

日本アムウェイ合同会社は、次世代を担う日本のリーダー達が日米間の「対話を通じた信頼関係」を築き、さらなる日米関係の進展を願う、本拠地を米国に置く一企業として当プログラムに協賛しています。


【参考資料1】
≪第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム≫
期間:2012年10月21日~28日(8日間)
主催:ジョージタウン大学/ジャパンタイムズ
協賛:日本アムウェイ
後援:外務省/米国大使館
協力:ANA
日程:下記の通り

10月21日(日) 成田空港より出発 同日午前ワシントン・ダレス国際空港到着
       夕食会(ジャパンタイムズ主催)

10月22日(月) ジョージタウン大学
       授業(1) “The Founding of the Republic and Federalism” Prof. Sam Potolicchio
       授業(2) “U.S. Foreign Policy” Prof. Charles Kupchan
       キャンパスツアー
       ウェルカムレセプション
       大統領選挙テレビ討論会傍聴プログラム(実況中継)

10月23日(火)
       授業(3) “The American Political System” Prof. Bradley Blakeman
       ヘリテージ財団訪問 ラウンドテーブル・ディスカッション
       国防省訪問ツアー
       夕食会(ホスト:Bradley Blakeman教授)

10月24日(水)
       授業(4) Future Directions in U.S. Economic Policy Prof. Michael Bailey
       国会議事堂ツアー
       夕食会(ゲスト:Rudolph Giuliani元ニューヨーク市長)

10月25日(木) ミシガン州グランドラピッズへ移動
       George Heartwell グランドラピッズ市長による歓迎
       ~持続可能な都市における官民一体のパートナーシップの概観~
       パネルディスカッション
       行政:グランドラピッズ市 Haris Alibasic氏
       企業:Cascade Engineering Inc. Christina Kellerr氏
       夕食(ホスト:アムウェイ・コーポレーション アジアパシフィック地域 リージョナルプレジデント、グローバルセールス部門 エグゼクティブ・バイスプレジデント Jim Payne)

10月26日(金) アムウェイ本社見学
       Welcome:アムウェイ・コーポレーションCMO Candace Matthews
       Frederik Meijer Garden 見学
       Van Andel Institute 見学(医学分野の研究・教育機関)
       ジェラルド・フォード博物館 特別ツアー
       プログラム終了式
       ジョージタウン大学生涯教育学部上級副学部長 James Parenti
       アムウェイ・コーポレーション社長・日本アムウェイ合同会社会長 Doug DeVos

10月27日(土) グランドラピッズ ジェラルド・R・フォード国際空港出発

10月28日(日) 午後 成田空港到着・解散


【参考資料2】
ジョージタウン大学 日米リーダーシッププログラム
Georrgetown University Leadership Program : GULP

<1>概要
ジョージタウン大学が企画する8日間のプログラム。参加者の学費、交通費、滞在費は奨学金により全額賄われます。特別に企画されたエグゼクティブ教育プログラムで、ジョージタウン大学トップクラスの教授陣のみならず、政府や民間機関の一流実務経験者たちによる授業を提供するとともに、ワシントンDCおよびミシガン州グランドラピッズにおける魅力的な実地研修及び企業訪問の機会を提供します。

<2>目的
将来ある日本の次世代リーダーたちが、日米間の様々な問題についての理解を深め、米国の有識者と意見交換することにより、日米間の「対話を通じた信頼関係」を築き、安定した日米関係の更なる進展を目指します。

<3>過去の実績
第1回:2011年 4月30日~ 5月 7日 議員8名参加
第2回:2011年12月 4日~12月11日 報道関係者7名参加
第3回:2012年 5月 6日~ 5月13日 議員8名参加
第4回:2012年10月21日~10月28日 議員5名、報道関係者5名参加
*日本アムウェイはすべての回に協賛しております。

<4>ジョージタウン大学について
ワシントンDC近郊に位置するジョージタウン大学は、カトリック教会およびイエズス会創設の大学としてアメリカ最古の歴史を持ち、ノーベル賞受賞者や、ビル・クリントン、グロリア・アロヨ前フィリピン大統領など世界の首脳を輩出する名門大学で、特に国家経済や政治経済の分野の評価の高い大学です。教授陣の層が厚く、グローバルな人材教育プログラムは世界各国から参加されます。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング