日本人が利用している米国通販サイト1位は「ebay.com」、2位「Amazon.com」 「越境EC:海外通販・個人輸入」の利用状況 調査結果

@Press / 2012年11月21日 18時0分

図1
 株式会社groowbits!(本社:東京都中央区、代表取締役:仲里 一義)が運営する、海外通販・個人輸入サポートサービス「malltail(モールテール): http://jp.malltail.com/ 」は、同サイトを利用し実際に海外のサイトから直接ショッピング、個人輸入されている直近のデータから「米国からの海外通販・個人輸入」に関する統計データをまとめました。併せて、会員に対し「海外通販・個人輸入時の不安要素」についてアンケートを行いました。

調査結果詳細: http://jp.malltail.com/jp_wp/ct/news/import/2012/1225/


■調査結果概要
 インターネット通販の普及とGoogle翻訳などIT技術の進歩によって海外ネット通販が身近になり、かつ近年の円高がそれを後押ししています。今回の調査結果から日本の消費者は米国から主にファッション・アパレル、スポーツ・アウトドア用品を中心に海外通販・個人輸入をしており、利用サイトを見るとebay.com、Amazon.comといった総合ショッピングモールの利用割合が50%を占めている他、各ブランドの直営サイトや各ジャンルの専門サイトなどでは限定セールや日本未入荷商品などもあり、これらのサイトを上手く使い分けていることが明らかとなりました。


■調査結果のポイント
(1)日本人が利用している米国通販サイト上位は1位 ebay.com、2位 Amazon.com
 サイト別の利用頻度(オーダー数)を集計したところebay.com、Amazon.comの2つのサイトで50%を占めるという結果に。(図1参照)ebay.comについては米国No.1のオークションサイトという認知度と安くてニッチな商品の品ぞろえが人気です。Amazon.comについては日本と同じサイト仕様ということで利用しやすく、豊富な品揃えと安心感から海外通販初心者の方でも利用しやすいことが人気の理由としてあげられます。尚、他サイトは3位 ae.com(アメリカンイーグル)、4位 aeropostale.com(エアロポステール)、5位 ralphlauren.com(ラルフローレン)。

図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/31681/1_1.jpg

(2)米国からの海外通販・個人輸入で購入されている商品ジャンルは1位 アパレル(25.4%)、2位 スポーツ アウトドア(18.3%)、3位 雑貨(10.7%)となっております。(図2参照)
 尚、「スポーツ アウトドア」についてはスキー・スノーボードといった商品の他、一部アウターやバッグなども含まれております。その他、バッグ、靴については別途6位(6.9%)、7位(4.0%)で集計しているため、「ファッション」というカテゴリでこれらを含めると約4割が「ファッション」関連の商品を購入していることになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング