イーコミュニケーション、第2外国語人気調査実施 1位は中国語、ただし人気は急落。言語の人気は経済動向と密接な関係も

@Press / 2012年11月26日 9時30分

英語以外で、あなたが学習したい(している)言語があったら教えて下さい
日本で初めてSkype(スカイプ)を使ったオンライン英会話サービスを開始し、現在、英語、フランス語、アラビア語、中国語など20ヵ国語のオンライン語学レッスンサービスを提供している株式会社イーコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表:成田 勝行)は、ポータルサイトgoo会員を対象に、「英語の次に学習したい外国語」の調査を行い集計しました。


■調査対象者および目的
パソコンインターネットユーザー624名(20代から60代男女)を対象。
英語の次に学習したい外国語人気調査。


■調査結果
「英語以外で、あなたが学習したい(している)言語があったら教えて下さい。(複数選択可)」
1位:中国語(21%) 2位:韓国語(19%) 3位:フランス語(17%)
4位:ドイツ語(13%) 5位:スペイン語、イタリア語(9%)

http://www.atpress.ne.jp/releases/31710/1_1.png


男女別にみてみると次のようになりました。
○「英語の次に学習したい言語(男性 n=312)」
1位:中国語(23%) 2位:ドイツ語(17%) 3位:フランス語(15%)

http://www.atpress.ne.jp/releases/31710/2_2.png

○「英語の次に学習したい言語(女性 n=312)」
1位:韓国語(27%) 2位:フランス語(20%) 3位:中国語(17%)

http://www.atpress.ne.jp/releases/31710/3_3.png


■前年度比較
昨年2011年の第2外国語人気度調査では、
1位:中国語(38%)、2位:韓国語(15%)、3位:スペイン語(15%)、4位:フランス語(11%)、5位:ドイツ語(6%)となっており、2012年度も、第2外国語人気の1位は依然、中国語が続いています。ただし、その割合を見てみますと、中国語人気の大幅な減少が、全体、男性、女性、全てに顕著に見られました。

・「第2外国語として、中国語を学習したい人の割合推移」
全体:38%(2011)→21%(2012)
男性:43%(2011)→23%(2012) 女性:30%(2011)→17%(2012)

http://www.atpress.ne.jp/releases/31710/A_4.png (上図)


学習人気減退の要因として、近年起きている政治的な日中衝突、および中国経済の衰退報道などが可能性として考えられます。

@Press

トピックスRSS

ランキング