復興と風評被害対策を目的とした「いわき見える化プロジェクト」の一環として復興支援感謝 いわきのサンマ豊漁祭 開催される

@Press / 2012年11月22日 12時0分

サンマの絵を描いて会場を盛り上げるさかなクン
 日頃の復興支援に対する感謝と、いわき市の水産物に対する風評被害払拭を願い、「復興支援感謝 いわきのサンマ豊漁祭」が、11月20日(火)、東京・有楽町駅前広場にて開催されました。会場では、小名浜港で水揚げされたばかりの旬のサンマの塩焼きとつみれ汁が道行く人々に無料でふるまわれ、行列ができるほどの大賑わいとなりました。

 会場に設置されたステージでは見せる課のスタッフから、風評被害の実態とともに、現在、いわき市の港に水揚げされる魚は回遊魚で、各種検査の結果、食品衛生法上の基準値を超える放射性物質は検出されていないことが報告されました。
 また、イベントには、いわき市とゆかりの深い、東京海洋大学客員准教授のさかなクン(小名浜がハコフグ帽子のルーツ)と南海キャンディーズの山崎静代さん(出演映画『フラガール』の舞台)、いわき市出身のお笑い芸人あかつさんも応援にかけつけ、会場を大いに盛り上げていただきました。

 なお、今回の「復興支援感謝 いわきのサンマ豊漁祭」は、今年の10月1日に発足した「見せます!いわき情報局 見せる課」が、はじめて東京で行った主催イベントです。見せる課としては、今後も、特設Webページや見せる課Facebookを活用し、各種放射性物質の測定データを提供するとともに、当市の水産業復興へ向けた取り組みについても積極的にPRしてまいります。


・写真1 サンマの絵を描いて会場を盛り上げるさかなクン
http://www.atpress.ne.jp/releases/31721/A_1.jpg

・写真2 応援にかけつけた南海キャンディーズの山崎静代さん
http://www.atpress.ne.jp/releases/31721/B_2.jpg

・写真3 いわきのサンマに舌つづみを打つ人たち
http://www.atpress.ne.jp/releases/31721/C_3.jpg


※本プロジェクトは、消費者からの信頼回復を図ることを目的としております。


■いわき見える化プロジェクト“見せます!いわき”概要
●主旨
いわきの農林水産物および観光の復興と風評被害対策のため、単に安全・安心を叫ぶのではなく、それを消費者の皆様にご判断いただく材料として、「農産物」「加工品」「水産物」「土壌」「水」「空間線量」「定時降下物」等の放射性物質測定データを、Webサイト「見せます!いわき情報局」等を通じて継続的に提供してまいります。また、農林水産物や観光の魅力も積極的にアピールしていきます。当プロジェクト推進のため、去る10月1日(月)には、いわき市役所内に「見せます!いわき情報局 見せる課」(通称「見せる課」)を開設しました。
なお、今年度プロジェクトのスタートについては、TVCM(※)等により告知いたしました。
※TVCM:平成24年11月1日(木)~2週間程度、首都圏及び県内にてオンエアー

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

応援にかけつけた南海キャンディーズの山崎静代さんいわきのサンマに舌つづみを打つ人たち

@Press

トピックスRSS

ランキング