~夫のお小遣い実態調査~夫のお小遣いが狙われている!夫のお小遣い減少予備軍は、今年お小遣いを減らした方の1.7倍!

@Press / 2012年11月22日 13時0分

図1:家計の管理について(n=868)
 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬 博)は、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、2012年11月6日~11月12日に当社登録の20代~60代の既婚女性会員を対象に「夫のお小遣い実態調査」を実施しました。有効回答者数は868名でした。


【調査結果】
(1)家計の管理ついて
 妻が家計を管理している割合は72.0%、夫が家計を管理している割合は10.1%、二人で家計を管理している割合は17.9%で、約7割の家計で妻が管理をしている結果となりました。
 妻の家計管理の大変さを理解しない夫も多く、「以前は、私がやりくりして、旦那に小遣いを渡していたのですが、ケンカが絶えなくなったので、旦那にやりくりを任せて大変さを分かってもらうことにしました。結果、無駄使いも減り文句も言わなくなりました。」(30代夫)、「夫が『小遣いをあげてほしい』というので、『家計の管理をして生活費を渡してほしい。そしたら好きな分使って!』と言ったら、『このままでいい』ということになりました(^o^)」(40代夫)や、「結婚して暫くは私が家計を管理していましたが、家計が苦しく支払い日が近づく度に体調を崩してしまうので、見かねた主人が管理するようになりました。おかげで、私は気楽にさせてもらっています。」(40代夫)など家計管理の大変さを理解し、協力し合うことが夫婦円満の秘訣になりそうです。

図1:家計の管理について(n=868)
http://www.atpress.ne.jp/releases/31724/1_1.gif


(2)妻と夫のお小遣い額について
 妻のお小遣いは、1万円以内が42.5%と半数近くを占めるのに対して、夫は30,001~50,000円が最も多く29.6%となり、ついで20,001~30,000円が26.7%となりました。
 夫のお小遣いについても、3万円以内の比率については、20代では92.9%、30代では72.0%、40代では51.4%、50代以上では35.4%とやはり年齢が上がるにつれて、少なくなっています。
 一方、5万円より多いお小遣いの人は、30代で4.7%だったのが、40代になると16.1%、50代以上になると27.4%と増えていきます。
 夫のお小遣いに関する妻のコメントでは、「男の甲斐性であり小さな事にこだわらず好きな事をしてほしい。」(40代夫、お小遣い50,000円)や「交遊費や飲食代や趣味にかかっている」(50代以上、お小遣い70,000円)という意見がある一方、「子供の塾などでお金が掛かるようになるのでもう少し節約して欲しい。」(40代夫、お小遣い20,000円)や「月々のお小遣いが足りないときは、家からの借金となるのですがそれも膨らみ、ボーナスの特別お小遣いで返すと、残金はなし、という残念な使い方になっています。」(40代夫、お小遣い15,000円)など年齢を重ねるごとにお小遣いの二極化が進んでおり、夫のお小遣いにおいても勝ち組と負け組に分かれてきています。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング